スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
棺桶ペーパークラフトを作ってみた。うな。 
 
さよなら絶望先生 21集」と「じょしらく 1巻 」が今日発売
…ということで買って来ました。うな。
「じょしらく」のほうはもちろん特別版と通常版の2冊買いで!(笑)

普通ならここで感想を…という流れなんでしょうが21集のP148の
クラフトコーナーのペーパークラフトをなんか作りたくなったので
感想そっちのけで死装束の先生&棺桶ペーパークラフトを作ってみました。
(ちなみに今集では第202話とか209話あたりが好きかも。
209話は2のへ男子の裸祭り&うろペン裸祭り的な意味でw)

それではさっそく作り始める。うな。

「じょしらく」が2冊あるんだから「さよならじょしらく」キャンペーンに
2回応募できるようにもう1冊「絶望」買って来ればいいじゃなーい?…的な
言葉がどこからともなく聞こえてきた気がしたので、おもいっきりページを
広げてスキャン(笑)
そして気持ち色をつけてみたりしつつ、厚紙とかはないのでコピー用紙にプリント。
最後はカッターなんぞは使わず鋏でザクザク切ってのりで貼って…

はい、できあがり!

zetsubou21.jpg

適当に作ったせいかわりと簡単にできました。
コピー用紙ゆえ棺桶がぐにゃぐにゃですが一応形にはなってる…はず?
というわけで、簡単なので皆さんもぜひ!(笑)

ところで、紙ブログの「戦国武将」って何なんだろう…。
戦国系のアンソロとか?…と思ってたらふと「週刊マンガ日本史」を
思い出したのですが…さすがにアレに描いたりはないかなぁ…。
一冊も読んでないのでわからないけど執筆者46人のラインナップ
全員出てるんでしょうか?
うーん…久米田先生が描く戦国武将、早くみたいですね。


あと、ヤス先生&久米田先生の「じょしらく」のことも少し。

<じょしらく>
本編はもちろんですが特別版の「キャラ落語CD」やおまけが充実しててよかったです。

・落語キャラCD
「饅頭KY」とかは多少気になる部分はあったけど話自体はすごくおもしろかったし、
「二次限無」にいたっては話も演技もよくて本当におもしろかった。
ちなみに特典として壁紙(5種)、シナリオPDF(饅頭KY、二次限無)、
出囃子MP3(2曲)のデータも収録されているので個人的には特別版買ってよかったかな。

・おまけ
巻末おまけの「一日目 犬と猫の災難」の背景:久米プロバージョンが
おもしろいというか…なかなか興味深いおまけで、アイテムとかもだけど
単純に背景の構図とかもやっぱ変わってて見比べながら読んだらおもしろかったです。

あとは初期キャラ設定や担当氏の作品解説などもあっておまけはホント充実してる感じ。

・装丁
絶望とはまた違った方向で凝ってる感じでいいなぁと思ったり。
joshiraku01_cover_20100517214515.jpg
(↑カバーあり)
joshiraku01.jpg
(↑カバーなし)

カバー下表紙の「定式幕」があざやか!
まさかカラーだとは思わなかったです。こういう本のカバー下の表紙って
モノクロが多いと思うのですが、じょしらくはご覧のとおりのカラーで、
しかも鮮やかな感じで、カバーなくてもいいんじゃないかと思うくらいきれいで
個人的にはかなり好きな装丁です。
(あと、通常版の帯のコピーはやっぱいいですねw)

もし特別版か通常版か迷っている方がいるなら、CDがつくといっても
そんなに高い価格ではないので特別版をおすすめ…かなぁ。

【久米田康治先生関連】
スポンサーサイト
「じょしらく」第2話 他「別冊少年マガジン」感想 
 
なんとなく今月号も感想を書いてみる。

別冊少年マガジン 2009年 11月号]
別冊少年マガジン 2009年 11月号 [雑誌]


以下、「じょしらく」感想と他作品の感想を少々。

続きを読む »

こんなもの見つけた 
 
連休を利用して、かなり部屋をひっくり返した
「大そうじ」をやってたらこんなのが出てきた。

2001comicfair.jpg
※クリックでちょっと大きくなります


ケース(表)に書いてある字から推測するに小学館の
2001年の夏のコミックフェアのグッズで缶バッジセット。
…の缶ケースの裏。

片付けてる最中に見つけて、捨てようかと思いつつ
裏を見たら「かってに改蔵」だったから驚いた次第…。
これもらった当時は「改蔵」も読んでないし、もちろん
久米田ファンでもなかったので、おそらく当時の自分は
裏を見ても「ふーん」てな感じだったと思うんだけど
今となっては何のためだか8年も大事に取っておいた
自分を褒めたい気分(笑)

ちなみに缶ケースの表は「コナン」、「犬夜叉」、「ARMS」。
中の缶バッジは「ドラえもん」「ハム太郎」「ピカチュウ」
「コナン」「犬夜叉」。
缶バッジに「改蔵」がなかったのは残念だけど
でも、缶ケース表を人気作品のキャラが三分割で
使っているところ、裏といえど一面全部をつかってるのは
すごいんじゃないか?…と思ってみたり。
(まぁ、一面でも裏だから気づかれないんじゃ…というのは
この際置いておくとしてw)

とりたてて珍しいものでもないとはわかっているんですが
個人的にちょっと「宝」を見つけたようでうれしかったので
アップしてみました(笑)
とりあえずこれは他の久米田グッズと一緒に大事に
したいと思います。


【久米田康治先生関連】
「懺・さよなら絶望先生」12話エンドカード  
 
12話は「これをTVでやるの?」的なBパート(ミサイルネタ)や
Dパートのカエレ先生など本編も見所がありよかったのですが
個人的には8話の浅田先生に続きTVの前で思わず
前のめりになるようなエンドカードでうれしかったです。
まさか田島昭宇先生までくるとは思わなかった。
zetsu3_12_01.jpg
右側から出てる手の手首の赤は手首を切って流れ出た
血の赤…でいいのかな?(最初はリボンに見えた)
手のひらに描かれたかわいい顔と手首の赤の
アンバランスさがちょっと毒がある感じでいいですね。
しかし、この手首は誰の手首なんだろう?


ところで浅田先生、田島先生ときたら…
残りは小畑健先生ですよ!
小畑先生がエンドカードを描く事で「水瓶3」が揃う、っていう。
「懺」はあと1話なので今期では叶いそうにないですが
いつか小畑先生にも絶望先生のエンドカードを描いて
いただきたいものです。
コミックス12集の表紙が小畑先生が表紙を描かれた
「人間失格」のパロという縁?もあることだし、小畑先生の
エンドカードはネタ的にも面白いと思うんですけどねー。
さよなら絶望先生 第12集 (少年マガジンコミックス) 人間失格 (集英社文庫)

ということで、OAD或いは四期でシャフトさんに期待!…してみる


【久米田康治先生関連】
じょしらく(別冊少年マガジン創刊号)感想(追記9/12) 
 
久米田康治先生×ヤス先生の「じょしらく」と
PEACH-PIT先生の絶望先生のポスター目当てに
「別冊少年マガジン」創刊号を買ってみました。

以下、簡単な感想。
(9/12追記:一番下にその他の作品の感想をちょこっと追加)

・PEACH-PIT先生ポスター
倫ちゃんかわえええええ(*´Д`)
そして何気に後ろで吊られている先生(笑)
PEACH-PIT先生は「しゅごキャラ」が好きで
読んでいるのですが、この前のアニメの8話の
浅田先生のエンドカード時もそうだったけど、
自分の好きな作家さん同士がこういう風に
コラボってるのはファンとして本当にうれしい

・じょしらく
joshiraku.jpg
ヤス先生が描かれるかわいいキャラとゆるくて柔らかな
雰囲気の皮を被ってはいるものの、いざ読んでみると
作品のそこかしこに久米田先生が滲み出ているという印象。
原作ってこんなに色が出るものなんだなぁ。
久米田先生は話作り、絵その両方に特色があるので
その片方(絵を描くこと)をやらないということが
どういう風に作用するのかと興味があったのですが、
これはこれでありなのかも。
(まぁそうは言ってもやっぱり両方やってるいつもの
久米田先生が好きですけどねー)
ゆるくはじまって話がどう転ぶのかと思いながら読んでたら
一話は「ささってる ささってる」→「多頭買い」のコンボに、
二話は「返せー」に笑わせられました(笑)

あと、扉裏の作者紹介も地味によかったです。
ヤス先生の紹介文の『微妙な経歴』に笑った。

--------------
ちなみに「じょしらく」以外はまだざっとしか読んでなくて
ぱらぱらめくってる最中に引っかかった「バニラスパイダー」と
「悪の花」の2作品しかちゃんと読んでない状況なのですが、
そのざっと見ただけの雑誌の印象は「カオスな雑誌」。
詩も掲載されていて、変わったことをするなと思ったのですが、
その挿絵が萩尾望都先生とか…もうね。
この雑誌はどういう層をターゲットにしているんだろうかと
ちょっと気になってしまいます。

来月は「じょしらく」が表紙みたいだし、しばらくは「じょしらく」を
追っかけるために「別冊マガジン」を買っていこうかと思います。

以下、9/12追記分(他作品の感想をちょっと)

続きを読む »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。