スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「懺・さよなら絶望先生」8話エンドカード 
 
懺・第8話のエンドカードに浅田弘幸先生が!
浅田先生は大好きな作家さんなので個人的に
これまで放送された懺の8話分の中で(というか
一期からの全部のエンドカード中、久米田先生除けば)
一番盛り上がるエンドカードが来た感じで思わずTVの前で
声が出てしまいました(笑)

(実は本編はBパートまで見逃すという大失敗を
やらかしてショックだったのですが、劇団イヌカレーさんの
Cパートとエンドカードですっかりショックが和らぎましたw)

zetsu3_08_01.jpg

幾時代かがありまして
茶色い絶望ありました

ゆあーん
ゆよーん
ゆやゆよん

背景に書いてある↑この文は中原中也の詩、「サーカス」の
一節をちょっと変えたものですね。(戦争→絶望)
→参照:「サーカス」(ウラ・アオゾラブンコ)

浅田先生は昨年の夏の集英社文庫「ナツイチ2008」で
汚れつちまつた悲しみに…―中原中也詩集」の
表紙を描かれたり、何より昔から作品に中也の詩を引用されたり
しているので浅田先生らしいエンドカードかなと思ってみたり。
それにしてもえらく本気の絵でしびれるなぁ。
望も雰囲気あっていいですしね。

そういえば「テガミバチ」が今秋アニメ化される浅田先生ですが
その昔「I'll-アイル-」もOVAになっていて、そこではメインキャラの
一人、柊仁成役で神谷さんが出てましたね。
当時作品が好きでOVAを買ったのですが、声優さんが
よくわからず「柊役の人、誰?」とか思ったのもいい思い出(笑)
(あと主役の声が下…いや、もうこっちは思い出すまい)

しかし、今期のエンドカードはどういう繋がりなのかなぁ。
いきなり集英社系の作家さんが来たり…

は!

これもしかしてジャンプSQで描かれている浅田先生が来た、と
いうことはいよいよ久米田先生のファンタジー作品がジャンプSQで
掲載されるフラグが立った、とか…そういうことなんじゃ…。

【久米田康治先生関連】
さよなら絶望先生 第18集 
 
さよなら絶望先生 第18集 限定版」を買ってきました。
というわけで、今回も2冊に(笑)
zetsubou18_01.jpg
17集は予想外の出来事で2冊買うことになった感じだけど、
ここ最近はなんだかんだで2冊買いがデフォになりつあるなぁ。

・限定版特別付録DVD
zetsubou18_02.jpg
「懺・さよなら絶望先生」第一話Aパートと「絶望歌謡全集」として
アニメ一期~三期のOP・ED全13曲を収録したDVD。
これまでのアニメ、OADのDVDを持っている人には
いらないっぽい?とかちょっと思っていたんですが、
これが見てみると実にいい。
「絶望歌謡全集」の部分だけを既に何回か見ましたが、
OP・EDだけをこういう風に見れるものってこれまでなかったし、
OP・EDだけをピックアップして堪能できるのでいいです。
なんというか映像も込みでの各OP・EDのトータルなよさを
再確認できる感じ。

・巻末
紙ブログは懺・5話の畑先生のアフレコ出演について
案の定書いてあった訳ですが、「ぜつぼう!」で前田さんが
久米田先生と畑先生の関係について語られたくだりを
読んだあとだと、もう何を書いてあっても「あー、ホントに畑先生のこと
かわいがってらっしゃるんだなぁ」としか思えない不思議!
なんたって前田さん曰く「久米田先生は畑さん絶対好きですよね」
だもんなぁ(笑)

そしてこれまた「ぜつぼう!」の影響でキャスバル氏を
見る目が変わってくると言う現象も発生(笑)

ペーパークラフト、第二回があるなら棒犬いいかも。
(今回の霧とうろぺんの製作画像はひとつ前の記事に)

・カバー下・裏表紙
糸色家の「さよなら○○先生」シリーズになるのかなぁ。
絶命先生の次は「さよなら絶景先生」?
もしくは登場順で倫?

ところで今回限定版と通常版の違いってカバー下・裏表紙の
命の背景だけ?(同じくカバー下・表紙の愛のほうにもなんか
違いがないかと見てはみたんですがわからなかった)
zetsubou18_03.jpg

あ、本編の感想が…ない。
えー、いつもどおりおもしろかったです!

さて、次の第19集はまた「さよなら絶望先生 番外地 上巻
付きのOADということで、新たな楽しみが!って感じですね。
また2冊買わなきゃだけどそれもまたうれしいのでよし。

【久米田康治先生関連】
ぜつぼう! 
 
コミケには行かないつもりだったのですが久米田先生の
アシスタントのMAEDAXこと前田さんのインタビューが
載っているということで、急遽ゴルカムさんの本「ぜつぼう!
欲しさにコミケに参加してきました。
ほとんどこの本だけ買って帰る感じだったのですが
いやー、無理して行った甲斐がある本でした。
文にしても絵にしても参加された方の「絶望先生」への
愛が感じられる本ですね、これ。
各キャラに対する「語り」とかすごくおもしろかった。

そして、なんといってもMAEDAX。
表紙、インタビュー、1ページマンガに締めの嘘紙ブログと
たしかに「これMAEDAX本じゃねーか」と言われるのも
納得のMAEDAX尽くし。
「けいおん!」パロの表紙もいいし、嘘紙ブログも
よかったですが、個人的に一番よかったのはやはり
インタビューでした。
正直「こんなに話して大丈夫なの?」と読んでてちょっと
思ってしまったくらいいろいろ語られていて読み応えのある
内容でよかったです。
(内容的にはご自身のこと、久米田先生とのこと、絶望先生について、
久米田先生とMAEDAXの関係、久米田先生と畑先生の関係
などなど本当にどの話も興味深く、おもしろい内容です)

しかしこのインタビュー、MAEDAXの久米田先生への
愛がだだ漏れしすぎている感が(笑)
「絶望放送」にご出演されたときから久米田先生のことを
大好きだというのは伝わってましたがこれほどとは…。

「絶望先生」好き、久米田先生好き、MAEDAX好きには
たまらない内容の本だと思うので、興味のある方は
ゴルゴ31さんまたはヤマカムさん
チェックされてみてはいかがでしょうか。
(今後、委託販売されるの予定があるようです。)


おまけ:
18集を買ったので巻末のペーパークラフトを作ってみました。
zetsubou18_papercraft.jpg
※クリックでちょっとだけ大きくなります。

霧に簡単に色を付けてみたまではよかったのですが
いざプリントしようかと思ったら厚紙がなくて、仕方なく
コピー用紙に印刷したら、あまりのペラッペラ具合に
軽くやる気をそがれてしまって「どうにでもなーれ」な気分で
ハサミでザクザクいってしまった…。
うろぺん、ちんまりしててかわいいです。

あと、18集は裏表紙のカバー裏が命なのがうれしい。
これから裏表紙のカバー裏で男子シリーズになるのかなぁ


【久米田康治先生関連】
その後のうるうギャル 
 
久米田先生が漫画の原作をされるようでびっくり。

「金色のガッシュ」の雷句誠、マガジン3誌ほか全5誌で一気に新作を発表(gigazine)
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090804_raiku_new/

新創刊の「別冊少年マガジン」には雷句氏のほか、「みなみけ」の桜場コハル氏による超能力ファンタジー「そんな未来はウソである」、「さよなら絶望先生」の久米田康治氏が原作を担当し「とらドラ!」イラストのヤス氏が漫画を担当する「じょしらく(仮)」、「漂流ネットカフェ」の押見修造氏がタイトル未定の純愛ラブコメを連載する予定となっています。

どういう経緯で原作することになったのだろう…。
しかもご一緒されるのが「とらドラ!」の絵師さんとか。
あと、「じょしらく!」はなんかの略なんですかね。
それとも「女子、楽」?
何にせよこれには興味がめちゃくちゃ沸いてきます。
「別冊少年マガジン」買ってみなくちゃだなぁ。

そして「どういう経緯?」といえば…この前のアニメの畑先生ですよ。
さっそくバックステージでこのことについて触れられていますね。

畑健二郎(声優)先生のまんが家バックステージ
http://websunday.net/backstage/hata247.html

「これって依頼された時点で負けじゃね?
 だって、受けても断っても怒られるんだろ?師匠に」


やばい…読んでて素で笑った。
お忙しい中のご出演だとは思っていましたが
まさかこんな裏事情とは(笑)
てか、ここまでいろいろ書いていただけるとは思って
なかったのですごくうれしいなぁ。
ご出演に関しては前田さんが橋渡しされてたんですね。
でも、報酬に神谷さんとの写真とサインを要求するなんて
どんだけ神谷さ…いや声優さん好きなんだ(笑)
こうなったらディアでボーイな畑先生にはSZBHにも
ご出演いただきたいところですね。
(もしくはいっそ「DGS」にでも出たらいいよ!w)
リテイクを10回繰り返して無事アフレコを終えられたみたいですが
とてもすばらしい『畑健二郎』役だったと思います。
畑先生、お疲れ様でした。

しかし…
お弟子さん同士はもとより、なんだかんだでこの師弟、
仲良しで微笑ましくてよいですなぁ(笑)

(関連)
うるうギャルか…ええよええよ (08/02)

【久米田康治先生関連】
うるうギャルか…ええよええよ 
 
エヴァ見てたらこんな時間になってしまった…。

「懺・さよなら絶望先生」第五話Bパート(アーとウルーとビィの冒険)に
「畑さん」役に畑先生きたああああああああ

続きを読む »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。