スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「身代わり伯爵0巻」応募要項メモ 
 
身代わり伯爵の花嫁修業 I 消えた結婚契約書/清家未森
身代わり伯爵の花嫁修業  I 消えた結婚契約書 (角川ビーンズ文庫)

新刊読了。
詳しい感想は発売日前なので避けますが、少しだけ書くと悶絶するほど甘いし
(砂吐くほどってこういうこというんだなぁw)、思わず何度も声に出して
笑っちゃったシーンもいっぱいあって、本当に楽しいお話でした。
ちなみにマジで一部甘さが半端ない部分があるので、もし通勤通学中の電車とか
カフェとか人のいるところで読もうと考えてる方がいたら…やめたほうがいいかも。
(ナチュラルにニヤニヤしてしまうのは確実なので、周囲からおかしな人って
思われる危険性がw)

ということで、今日の本題。
先日のAsukaで告知があった「0巻全員サービス」ですが、
帯に詳細が載っていたので一応軽くメモ。

身代わり伯爵0巻 応募者全員サービス
(内容)
 ・清家未森先生&ねぎしきょうこ先生のW描き下ろし
 ・収録される話は「身代わり伯爵の冒険」の前の話
 ・小冊子のサイズは既刊と一緒に並べられるビーンズ文庫サイズ

(締め切り)
 2010年7月31日(土)

(発送時期)
 2010年11月下旬~(予定)
 ※2010年12月過ぎても未着の場合は要問い合わせ

(応募方法)
 新刊の帯についている応募券をはがきに貼り応募。
 ↓
 専用払込用紙が送付される
 ↓
 専用払込用紙で郵便局にて代金(500円)を支払う

小冊子は「冒険前」がどの時点なのかがやっぱり気になる…。
あと、小冊子のサイズが文庫サイズというのはかなりうれしいサイズかも。

そして小冊子とは直接関係ないけど応募方法がこれまでの方法とは
変わってるけど、これビーンズ文庫ではあまり見ない方法ですよね。
(ジャンプとかで見たことあるような気はするけど)
ビーンズ文庫の他の全サもこれからこの方法に変わっていくのかなぁ…。


【身代わり伯爵シリーズ】 【全員サービスメモ・感想】
身代わり伯爵:出稼ぎ版(少年エース7月号) 
 
某ネット書店からさっき新刊が到着して浮かれ気味ですこんばんは。
読み始めるとそっちに集中してこのネタは放置になりそうなので取り急ぎ更新。

柴田先生のブログで昨日知ったのですが、今月Asukaではお休みだった
「身代わり伯爵の冒険」ですが、その代わりに少年エースに出稼ぎに
行っていたようです(笑)

少年エースA 2010年 07月号
少年エースA 2010年 07月号 [雑誌]

紹介漫画で1Pということだったのでそのために買うのは…と少し思ったのですが、
コミックスに収録されるかわからないものかなぁと思いなおして購入。
(しかし、こういうのはどういう扱いになるんでしょうね。できればコミックスに
収録して欲しいと思うのですが…)

1Pなのと目次に載っていないためどこに掲載されているか少しわかりにくいですが
「碇シンジ育成計画」のすぐあと(P.609かな)に掲載されています。
(この厚さで目次に載ってないと探すの大変ですよね;)

タイトルは
ace_migawari.jpg
「男子にも効く!!「身代わり伯爵の冒険」シリーズ 少年エース出稼ぎ版」

内容はタイトル通り男子向けに女子キャラをメインとした作品紹介となっていて
ミレーユをはじめ女子5名+男子1名が出演の、柴田先生がブログに書かれているように
女子限定!?秘密のお茶会”的な」内容になっています。
(実際は「作品紹介」というよりは「女子キャラ紹介」という感じっぽいかなぁ)
ちなみに女子キャラのみ紹介漫画の欄外に「個性爆発の高貴少女たち」として
以下のようなキャッチコピー的なものが書かれているのですが…。
 ・貧乳の鉄拳主人公
 ・天然清楚な王太子妃
 ・心霊マニアな女公爵
 ・超ツンデレ王女
 ・謎の爆乳魔女
やっぱ真っ先につく言葉は「貧乳」ですかそうですか(笑)
でもまぁ、以前コミケの時に貼ってあったポスターは「超☆貧乳」だったからね。
それに比べたらまだ「超」でない普通の貧乳でよかったの…か?
それと…最後1名は「個性爆発の高貴少女たち」にカウントしていいのかっ!?(笑)
紹介漫画を読んだエース読者の男子の中に「謎の爆乳魔女」に惹かれて
手に取ってみようかと思うような方が万が一にもいるかもしれないと思うと
ちょっと目頭が熱くなります。

あと、上で書いたように買う前は1Pだけなのを理由に少しばかり渋っていた
私ですが、読んでみたらこれは買ってよかったと思ってしまいました。
だって…
男子向け紹介漫画+1Pなのにそこに萌えがあったからね!(*゚∀゚)=3
まさか出稼ぎ先でもちょっとしたイチャイチャが見られるとは思ってなかったので
これはうれしい限りでした。
てか、掲載誌が変わろうとぶれることない天然度を見せつけるミレーユさんが素敵です(笑)

1Pのために650円はちょっときついかも…と思う方も多くいらっしゃると思うので
是非買って読んでみてくださいとはさすがに言いづらい今回の出稼ぎ版ではあるのですが、
紹介漫画であるにもかかわらず他誌に出張してまでもちゃっかり無意識に
イチャイチャしてる二人はえらくかわいいし萌えるので、もし機会があったら
ご自分の目で確認してみるもいいかもしれません…。

しかし、なんでエースに出張だったんだろうか。ちょっと謎…。
…ということで、新刊を読みに行ってきます。

(参照)
・身代わり伯爵の出張(2010/05/27)柴田五十鈴先生blog「極楽的日常」

【身代わり伯爵シリーズ】
身代わり伯爵:ブライダルフェア 
 
いつもより早い時間に珍しく更新。

ついさっきビーンズ文庫のツイッターで知ったのですが
(これ書いてるうちに「さっき」では既になくなってるのですがw)
新刊「身代わり伯爵の花嫁修業 Ⅰ消えた結婚契約書」の発売&新章開幕を
記念して「ブライダルフェア」なるフェアが開催されるようですね。
(参照)ビーンズ文庫ツイッター(フェア開催告知のツイート)

で、そのフェアの詳細がビーンズ文庫の公式サイトに出ているのですが
フェアは以下のような内容となっています。

身代わり伯爵の新章開幕を記念して、身代わり伯爵ブライダルフェアを開催中!!

最新刊の発売を記念して、身代わり伯爵ウェディングフェア開催中!!

身代わり伯爵の新章・花嫁修業編のスタートを記念して、ブライダルフェアを開催中です。
発売中のビーンズ文庫『身代わり伯爵の花嫁修業Ⅰ消えた結婚契約書』、または身代わり伯爵シリーズの既刊本のうちいずれか1冊を購入していただいた方に、身代わり伯爵特製あぶらとり紙をプレゼント!!
この機会でしか手に入らないスペシャルあぶらとり紙を、ぜひゲットしてね!!

(参照)http://www.kadokawa.co.jp/beans/2010/05/post_163.php

まずは何はともあれブライダルフェアという響きに軽くニヤニヤしようかと思います(笑)

で、告知ページを見てみると…
フェアの説明の下に掲載されているイラストがあぶらとり紙のケースでしょうか。
あと新刊発売に合わせて実施するかと思いきや、すでに「開催中」なんですね。
今日たまたまアニメイト行ったけど特に気がつかなかったよ…。
(とはいっても目的のもの買ってすぐ帰ってきたから見落としてただけかもだけど)
すでに手に入れた方とかいらっしゃるんでしょうか。

フェア参加店もすでに公開されていますが、ざっと見た感じけっこう
広範囲で行われるぽいのでチロルチョコの時同様手に入れやすい
フェアになりそうな感じ?
(ただ、一応注意書きで数量に限度があるようなことも書いてあるので
もしかしたら地域や店舗によっては早めに買いに行ったほうがいい場合も
あるかもですね…)
てか、この告知を見る限り1種しかないみたいで、3種あった前回に比べたら
かなりやさしいフェアで一安心(笑)

(参照)
角川ビーンズ文庫
http://www.kadokawa.co.jp/beans/index.php
ブライダルフェア参加店舗リスト
http://www.kadokawa.co.jp/beans/news/1006shop.php
ビーンズ文庫ツイッター
https://twitter.com/beansbunko


【身代わり伯爵シリーズ】
身代わり伯爵:0巻…だと!?(Asuka7月号) 
 
今月号のAsukaは「身代わり伯爵の冒険」はお休みだったのですが、
その代わりカラーで新刊の広告が入っていたり、新しい全サの情報が
載ってたり…だったので軽くメモ。

asuka_07_01.jpg
Asuka7月号に掲載のカラー広告
(※クリックでちょっと大きくなります)

このカラーのためだけにAsukaを買うことはあまりお勧めはできませんが
B5サイズで表紙の絵をじっくり見られるのはいいですね(*´Д`)
(イラスト集とか欲しいなぁ)

<全サ>
asuka_07_02.jpg

清家&ねぎし両先生かきおろしの0巻の全員サービスがはじまるようです。
詳細な応募要項などは新刊のほうに書いてあるようですがとりあえず
現時点でわかっているのは…

「Wかきおろし0巻全員サービス」
・清家未森先生&ねぎししょうこ先生 Wかきおろし
・1冊で応募可

0巻ということで本編以前の話だったりするのかなぁとか思っているのですが、
もしそうならどの時点のそして誰をメインとした話になるのか気になるところです。
最近で0巻といえばワンピ…ということでワンピ0巻の内容が映画の
20年前くらいの話で映画のエピソードの下準備的な話かつ過去のキャラクターの
その時点での立ち位置を垣間見ることができる内容だったように
記憶してるのですが(違ったらごめんなさい)、「身代わり」0巻も
ミレーユとリヒャルトが出会うための下地となるような二人に関係する
キャラクターたちの過去での動向やエピソードが読めるような内容だったら
おもしろそうでいいなぁとか思ったり…。
(個人的にはエドゥアルトとジュリアの出会いを読みたいかも)

とりあえずはどんな内容であるにせよ早く詳細が知りたいところです。

<新刊あらすじ>
広告の下のほうに公式に掲載されたあらすじとは異なるバージョンの
あらすじが載っているのですが
asuka_07_03.jpg
※クリックでちょっと大きくなります。

ミレーユがまだ第五師団で仕事をしていることに驚愕、そして女装って(笑)
ここ最近シリアスな展開が多かったですが、新刊はかなり楽しい感じが期待
できそうでいいですね。
あとは大后殿下が妃修行として命じる…というのがどういう状況で行われるのかが
気になるところ。それによっては大后が協力者なのかそうでないのかってことになるし。
いずれにせよ公式に掲載されているあらすじとは異なるこのあらすじのせいで
新刊がもっと楽しみになったのは言うまでもないってことで(笑)
早く発売日来ないかなぁ。

最後にマメレージ未着に関するコメありがとうございます。
とりあえず今日の更新では報告できるものはないのですが、何らかの回答を
頂いたらまた報告したいと思います。

【身代わり伯爵シリーズ】
身代わり伯爵:6/1新刊表紙 
 
待ってました。新刊表紙!
そろそろだろうと思ってここ数日楽しみにしていたんですがようやくきましたね。
やっぱ表紙見ると期待値もテンションも上がるなぁ。

身代わり伯爵の花嫁修業 I 消えた結婚契約書/清家未森
身代わり伯爵の花嫁修業  I 消えた結婚契約書 (角川ビーンズ文庫)

(いつものようにamazonは詳細ページの「拡大ボタン」で別窓+
さらに拡大して見ることができるのでぜひ大きな画像でどうぞ。)

で、この表紙見た瞬間「ミレーユかわええええええええ」と思わず
口走っちゃった訳ですが(笑)、よく見てみると凛とした雰囲気に
心なしか少し大人びた表情がこれまでとはちょっと異なる感じで
こういう雰囲気のミレーユも素敵じゃないかとか思ってみたり。
…てか、この変化はやっぱり前巻までのリヒャルトとのあれやこれやや
婚約の影響ですか?(*´Д`)
(ついでに親じゃないけど親バカ的な感じで言わせてもらえばw
これまでの「かわいい」って感じより気持ち「きれい」な感じで
描いてあるように思えるんですが…)

そして表紙初登場のキリルはやはりリヒャルトと兄弟ということで
似ているように思うのですが、まとう雰囲気は対照的というか
かなり冷たい感じですね。
(てか、亡命した直後はリヒャルトもこんな感じだったんだろうか…)
ミレーユをはさんでリヒャルトとキリルという構図なので、やっぱ
ミレーユをリヒャルトとキリルで取り合うことになるのかなぁ…。
まぁ、「取り合う」というよりはリヒャルトとミレーユの間に入って
ミレーユを揺さぶるような展開なのかもだけど。

しかし…

キリルのカラーのこの絵が予想以上に好みで困る(笑)
ただでさえキリルは元からその設定が嫌いじゃないキャラだったのに
こんなドストライクのビジュアル出されたら、いくらリヒャルトと
ミレーユの間には誰も割って入ることはできないと思っていても
ちょっとキリルを応援したくなっちゃいそうだ…





最後にマメレージ未着問い合わせの件、その後。
…といっても、再々問い合わせしたけどなんやかんやで梨の礫…って
ことくらいしか書くことがない状況…かなぁ。
どうしたらいいのかちょっと本当にわからなくなってきた(´・ω・`)

【身代わり伯爵シリーズ】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。