スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「PSP版 学園ヘヴン」はじめました 
 
学園ヘヴン BOY'S LOVE SCRAMBLE!学園ヘヴン BOY'S LOVE SCRAMBLE!
(2009/11/26)
Sony PSP


プレイする時間がないかなぁと思って実は購入を見送ろうかと
思っていたのですが…気がついたらなんか買ってた(笑)
そして昨日からプレイ開始で現在七条と和希を終わったところ。

PC版→PS2版をやってPSP版なので、さすがに同じ話を
何度やってんだ?…という感じで個人的にはもはや新鮮味は
ほとんどなく初っ端から若干作業めいた感じではあるにはあるのだけど、
プレイしてるとやっぱこの作品が好きだ、と思ってしまうなぁ。
(あと、「啓太はかわいい!」も再認識w)

ところで、双子がなんだかツンデレかわいくてちょっとときめくのですが(笑)
双子×啓太…見たいなぁ

【BL関連】
純情ロマンチカねんどろいどぷち発売延期 
 
キャラアニさんからメールで連絡がありましたが
純情ロマンチカ ねんどろいどぷち」の発売時期が
12月下旬になったようで「もうそろそろかな」なんて
思っていたところだったので軽く落胆。

アニメ公式もキャラアニの商品ページもいつまでも
イラストしか公開されてないからおかしいなとは思って
いたんですが…そうですか『制作の遅れにより』延期ですか。
考えようによっては発売日重視でクオリティがアレなまま
発売されるほうが個人的にはいやなので、ここは大人しく
12月下旬を待ちたいと思います。

しかし

しかしだよ…

延期ならいいんですが(よくはないけど)、過去にフィギュア化の
話に歓喜して発売を待っていたのに待てど暮らせど音沙汰はなく
挙句の果てに中止になった某BL系の作品を好きな自分には、
まさかこれも同じことにならないかと一抹の不安が過ぎるよー。
そんなことにはなって欲しくないなぁ。

まぁ「ロマンチカ」のほうはすでにお金も払ってることだし、
角川さんだし、延期はあれどもちゃんと発売はしてくれるとは
思いますので(てか、思いたい)、とりあえずロマンチカの
ねんどろいどぷち作ってる中の人がんばれ、超がんばれとでも
言って今日は〆たいと思います。

【BL関連】
Charaバースデーフェア2009 
 
今年もこの時期がやってきました。
出遅れると目当ての小冊子を取り逃がしかねない
やっかいなフェア…その名も「Charaバースデイフェア」
(まぁフェアはこれに限らずどれも逃すと厄介ですが)

今回はコミックと小説各3種ずつで全6種なのですが、
小説Aだけどの作品も読んでいなかったので
もらっていませんが、残りは全部もらってきました。
(そういや、数日前最初にもらった店とは別の店で
先月の新刊買ったら小冊子もらってしまって…
コミック版だけ1冊ダブってしまった)

chara2009bf_01.jpg

chara2009bf_02.jpg

コミックはAはやまね先生、Bは大和先生、Cは円陣先生、
小説はBは英田先生、菱沢先生、Cは神奈木先生…てな感じで
読みたい作品が見事にばらけてるのがにくい(笑)
で、読んでみての感想。
個人的にはもらってきてよかったと思える内容でした。
目当ての作品はもちろん満足なんですが、特にコミック版なんかは
目当て以外の作品もChara読者なんでコミックまでは買ってなくても
本誌で読んで知ってる作品が多くて、話がわかるので十分楽しめました。


以下、収録作品のタイトルなどのメモ。

続きを読む »

セブンデイズFRIDAY→SUNDAY 
 
セブンデイズFRIDAY→SUNDAYセブンデイズFRIDAY→SUNDAY
(2009/06/01)
原作:橘 紅緒/作画:宝井理人



3年かかった1週間がようやく完結。

少し前のエントリーで書いた通り「CRAFT」で追っかけていたので、
最後は知っていましたが描き下ろしとペーパーを楽しみに
発売日の昨日いそいそとメイトへ。

で、感想。

本編がわりとあっさり目に終わって行ったので、描き下ろしで
もうちょっと二人の進んだ関係が見られるかと期待していたのですが
(ぶっちゃけ甘々な展開を)、進んではいたけど(おもに時間が)、
本編の最終回の空気をそのまま引き継いだような内容で、
またもやちょっと肩透かし食らった気分に。
いや、勝手に期待していた自分が悪いんですがねー。
橘先生に本編+後日談(卒業までの間のエピソード)の
小説版を出してもらいたいくて仕方ありません。

と、真っ先に不満じみたものを書いてしまいましたが
そうは言っても本当に大好きな話です。
私は1巻が出てしばらくしてからコミックスを手に取った口で、
最初から3年かけておっかけてきたわけではないのですが、
それでも1巻以降「CRAFT」本誌で二人の成り行きを
追っかけていくのは本当に楽しい時間でした。
(1巻の続きが読みたくて1巻以降の分が掲載された
「CRAFT」も全部買ったしねw)
季刊誌ということもあって、二人がすれ違うと次の号までが
ものすごく長くて、その間本当にジリジリさせられたのも
今となってはいい思い出(笑)

「期間限定」+男同士って言う冗談(弓弦的には)から
始まった関係のせいで、近づけそうで近づけない二人の
距離感が萌えたし、むちゃくちゃ好きだったなぁ。
特に弓弦が恋を自覚してからは…もう、ね(*´Д`)
あと、わりと乙女思考な二人だと思うのですが(笑)、
受け(でいいんだよね)のほうの弓弦の方が時おり見せる
決断力(試写会のハガキ破り捨てる以降とか)とかが
ある意味攻めよりは男らしい受けという感じで好きだったです。
(とは言っても、やっぱり二人とも基本乙女な感じは
どうしても拭えないけどw)

ちなみにペーパーは描き下ろし部分に関する4コマ
「芹生のイメージ」と弓弦と芹生のイラストでした。イラストは
宝井先生のブログ(5/20)でちょっとだけ載ってる絵ですね。
(4コマは描き下ろし部分に関するといっても楽屋裏的な感じで
作中の内容と宝井先生の裏話をミックスした感じの内容です。)

ところでコミックス完結した今、ドラマCDの続編が出てくれたら
もう最高なんですが、そっちはどうなんだろう。
個人的にドラマCDもコミックスと同じくらいおすすめで、
福山潤さん(弓弦)と中村悠一さん(芹生)の会話の空気感が
大好きで何度何度ももリピートして聴いているので、
できたらきっちり続編出して欲しいところですが、このあっさり感は
BLCDとしてはどうなんだろうとちょっと思ってしまうなぁ…
あ!いいこと思いついたよ!
後日談のシナリオをCD用に新たに書き下ろしてもらって
それで続編発売というのはどうですかね?(しつこいw)

橘先生、宝井先生お疲れ様でした。

【BL関連】
セブンデイズ 
 
そういえばもうすこししたら「セブンデイズ」の続きの
コミックスが出るなぁ…と思ってたら、なんか無性に
読みたくなってしまって、1巻とその続きのCRAFT掲載分を
引っ張り出して読み直してみた。

CRAFTで最終話を読んだ時はいさささ物足りなさを感じて、
肩透かしを食らったような気分になった最後だったけど、
あらためて読み直してみるとやっぱじわじわくるよさがって、
この話すごく好きだなぁ、としみじみ思ってしまった。
宝井先生のblogによるとコミックスに書き下ろしが
あるようなので、CRAFTで感じた物足りなさがそこで
補完されるとうれしいなぁ。
(表紙絵もアップされてるけどすごくいいですね)
てか、徐々に詰まってくる距離感とか二人の間の
ジリジリ感が本当にたまらなく好きだ…。

ところでこの話ってBL読まない方でももしかしたら
読めるんじゃないかなぁ…とか思ってるんだけどどうなんだろう。
普段BLは読まないのにこれだけは読んでた人間
(うちの妹なんですが)がすぐ近くにいたから余計に
そう思うのかもだけど。
まぁ、2巻の描き下ろし部分によってはもしかしたら
ダメな場合もあるかもだけどね。

何にしても6月1日が楽しみで仕方ない。

セブンデイズ―MONDAY→THURSDAYセブンデイズ―MONDAY→THURSDAY
(2007/09/01)
橘 紅緒/宝井理人


  セブンデイズFRIDAY→SUNDAY 橘紅緒/宝井理人

【BL関連】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。