スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「劇場版 涼宮ハルヒの消失」を見てきました 
 
nagato_100211.jpg
(「涼宮ハルヒの消失」パンフレット)

水曜日に「劇場版 涼宮ハルヒの消失」を見て来ました。
レディースデイだったので女性が多いかと思ったら
普通の日のような感じで…というか寧ろ男性のほうが多かったのにちょっと驚き。
みなとみらいのワーナーで見たんですが、映画が始まってから
最後のシーンが流れるまで館内がずっとほぼ無音…という感じで
エンドロールの間も誰一人として席を立たないし、帰り支度を始める音や
感想を言い合う声も聞こえてないしで、こんな静かな中での映画鑑賞は
これまでいろいろな映画を見てきたけそうはないかもと思ってしまった。

映画は約2時間半(160分)の長さを全く感じさせないおもしろさでした。
予習にと思って読んだ原作も展開が面白くてすっごい勢いで読んだんですが、
映画も予習のおかげで先はわかっているはずなのに、最初から最後まで
ぐいぐい引き込まれるようなつくりで本当にあっという間だった気がします。
(しかし、見終わったあとになんだけど、「消失」原作は映画見た後に
読めばよかったなぁ…とちょっと後悔。
きっとその方が最後の朝倉さんの怖さを堪能できた気がするw)

で、この映画の中でずっと出ずっぱりのキョンなんですが(9割以上は
しゃべってる?)、そのキョン役の杉田智和さんの演技がむちゃくちゃよかった。
「凄い」という言葉が本当にしっくりくる演技で、何度もぐっとさせられました。
個人的には今まで自分がいろいろな作品で見たり聴いたりした杉田さんの
演技の中では一番よかったし、一番好きだと感じたかなぁ。

そして、長門はむちゃくちゃかわいくて、そして切なかった。
帰ろうとするキョンの引きとめようとするシーンとか、入部届けを
返されるシーン(指の動きとか)とかよかったですね。
でも、個人的には最後のキョンとの屋上のシーンがむちゃくちゃ好きです。
あそこの二人のやり取りはよかったなぁ…。
ところで、長門はなんでハルヒと古泉だけを別の学校に飛ばしたんだろう。
キョンに対して何らかの感情があるとして、それでハルヒを遠ざけると
いうのはなんとなくわかるんだけど、古泉は…何で?

とりあえず、水曜日に見てまだそんなにたっていないけど、
なんかすでにもう1回見たい気になってるので(笑)
「消失」までしか読んでいない原作の既刊全部を読んで
可能ならばもう1回みたいところですね。

最後に「消失」鑑賞記念?に少し前に買ったfigma用の自転車と
ウチのキョンさんと古泉さん。
ここは長門とキョンにすべきなんだろうけど、残念なことに長門は
ウチにいないのでSOS団男子二人で。
(長門が今更ながら欲しくなった…まだ売ってるんだっけ?)

kyon_koizumi_100211.jpg
(自転車に乗せるのって難しい…)

そういえば、今作で出番が少なかった古泉ですが、キョンに言った
「うらやましいですね…」はとても印象に残る台詞でしたね。
たった一言でつぶやくようなものだったけど、小野さんの台詞回しも
ひどくせつなく響いてものすごく心に残るシーンになっていた気がします。
あと、古泉は最後病室でのキョンとのやり取りがよかった。

あ。
病室といえばキョンが寝袋のハルヒを起こすときの一連の仕草もよかった。
頬から唇へ…と指で辿っていく流れはなんというか愛しむ感じがすごく
伝わってくるというか…。
あのシーンもこの映画での好きなシーンのひとつです。
(そしてあのあとのハルヒがすごくかわいい)

…って、なんか今日はいつもにも増してまとまりがないですね(笑)
「最後に」と書いておいてだらだら書いてるし…ということで
いつも以上にグダグダですが、今度こそ「本日はここまで」、で。
スポンサーサイト
「ミラクル☆カフェ801」に行ってきました 
 
水曜日に「涼宮ハルヒの消失」を見に行こうと思っているのですが、
映画の予習にと思って現在原作を読んでます、こんばんは。
アニメは一応全話見ていて、原作も前から気にはなっていたんだけど
既刊もかなりあるし、何より続きがかなり長い間出ていないようなので、
原作に手を出すことにためらいがあったんですが、本屋さんで見た
期間限定のパノラマカバーがちょっとおもしろく感じられて、うっかり
買ってしまいました(笑)
まだ「憂鬱」も読み終えていないのですが、明後日の夕方までに
なんとか「消失」まで消化したいところ…

と言うわけで、↑な感じなので昨日サイン会に行くついでに行った
「ミラクル☆カフェ801」を写真メインで簡単に紹介。

続きを読む »

「懺・さよなら絶望先生」12話エンドカード  
 
12話は「これをTVでやるの?」的なBパート(ミサイルネタ)や
Dパートのカエレ先生など本編も見所がありよかったのですが
個人的には8話の浅田先生に続きTVの前で思わず
前のめりになるようなエンドカードでうれしかったです。
まさか田島昭宇先生までくるとは思わなかった。
zetsu3_12_01.jpg
右側から出てる手の手首の赤は手首を切って流れ出た
血の赤…でいいのかな?(最初はリボンに見えた)
手のひらに描かれたかわいい顔と手首の赤の
アンバランスさがちょっと毒がある感じでいいですね。
しかし、この手首は誰の手首なんだろう?


ところで浅田先生、田島先生ときたら…
残りは小畑健先生ですよ!
小畑先生がエンドカードを描く事で「水瓶3」が揃う、っていう。
「懺」はあと1話なので今期では叶いそうにないですが
いつか小畑先生にも絶望先生のエンドカードを描いて
いただきたいものです。
コミックス12集の表紙が小畑先生が表紙を描かれた
「人間失格」のパロという縁?もあることだし、小畑先生の
エンドカードはネタ的にも面白いと思うんですけどねー。
さよなら絶望先生 第12集 (少年マガジンコミックス) 人間失格 (集英社文庫)

ということで、OAD或いは四期でシャフトさんに期待!…してみる


【久米田康治先生関連】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。