スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金色のコルダ2 アンコール 
 
公式からアンコール来たよ。ヒャッホウ!

で、プレイし終わるまで見ないつもりだったのですが
誘惑に負けてぱらりととフォトブックをめくったら
ちょうど柚木のページめくってしまったw
やっばー、絵だけでかなり萌えるわ、これ。
つか、俄然みなぎって来た。

とりあえず明日は休みなので、今から明日一杯は
アンコールにどっぷり浸かりたいと思います。

どうでもいいけどボールペンが気になって
スーパープレミアボックスにした訳なのですが…。
実物を見て正直プレミアボックスじゃなくても
よかったかなと思ったり思わなかったりw
070919_pen
スポンサーサイト
仮面ライダー電王「Action-ZERO」 
 
「最初に言っておく!このCDはかーなーりいい。」

Action-ZERO Action-ZERO
大塚芳忠 中村優一 (2007/09/05)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ


なんかアレな感じで始めちゃって申し訳ないですが
今日は見てのとおりの物の感想ということでご容赦頂ければ…。
という訳で「Action-ZERO」の感想。

「Double-Action」はデュエットの相手は違えど良太郎(佐藤さん)と
タロスズ(関俊さん、遊佐さん、てらそまさん、鈴村さん)が
常に交互に歌うような感じでしたが、この歌はサビに
至るまで1番は侑斗(中村さん)、2番はデネブ(芳忠さん)が
丸々ソロで歌って、サビを二人でという感じです。
(この違いはモモたちとデネブの通常のあり方の違いが
反映されてたりする感じなのかな。)

で、私的にこのCDの一番の気になりどころは、
芳忠さんがどんな感じで歌われるのか…ということ
だったのですが、聞いてみて思ったこと。
「芳忠さんの歌声カッコヨス!」
意外と言うと失礼だけど歌ってる声すごくよかった。
歌を歌われるイメージが元からなかったので
その点も合わせるといい驚きだな、これ。
(どうでもいいけどデータが歌った!とふと思うw)
中村さんが歌われるのも今回初めて聞いたのですが
こちらもいい感じですよね。
声質全く違う二人だけど、二人で歌ってるとことか
けっこう合ってるかなと思います。

ちなみに、終盤の二人が掛け合いながら歌うところ
(「いつかたどりつつくだろう~」)あたりから
ラストまでがかなり好きです。

台詞バージョン
こちらは例によって劇中でお馴染みの侑斗とデネブの
掛け合い台詞が楽曲の合間に入れてある感じです。
台詞のチョイスはいつもながらいいと思うのですが
台詞の入れ方というかが少し前に出た「Perfect-Action」の
台詞バージョンの時も感じたように、曲の隙間に適当に
台詞を入れ込んでみました…という感じに思えるところもあって
ほんのちょっと残念。
個人的に最初の「Double-Action」の台詞バージョンの台詞の
チョイスと入りのタイミングが絶妙だと思っているので、
どうしてもあのレベルを期待してしまうのがいけないんだろうけど
もう少しいい感じで入れられないかなと思ってしまう…。
でも、台詞バージョンって何度も聞いていくうちに
台詞なしより愛着沸いてくるんだよなw
最後あたりの「デネブー!」が繰り返し入るとこ好きですw
ガンダム00試写会 メモ2 
 
引き続き「00」試写会の話ということで本編について。
(と言っても、たいした感想じゃないですが)

まずOP、ED関連。
OPは雰囲気はいいように感じた。
ラルクの曲とわりとあってるんじゃないかなぁ…。
あと、アイキャッチとEDは出来てなかったのか
アイキャッチはなし、EDは白画面にクレジットのみと言う
感じでした。(ED、あれが完成版…じゃないよね?)

で、本編。
第一話らしくキャラの紹介と導入部と言う感じの内容。
第一話ということで、これだけでは判断はしづらいけど
けっこうおもしろかったですよ。
「期待します」と言える感じではあったと思う。
ちなみに、ハロ(オレンジ色)はロックオンが持っましてた。

あと、一話見た時点でグラハムがかなりツボキャラ。
あのビジュアル好きだ。
あと、あのポニーテールはどうだろうと思いつつ
ビリーが気になるところw


以下は、おぼろげな記憶を頼りに書いた一話あらすじ。
かなり適当…なので一話見て違ってもご容赦を。
(ネタバレ嫌な方はご注意ください)

続きを読む »

ガンダム00試写会 メモ 
 
無駄に長いガンダム00の試写会メモ。

<座席>
並んだ順に裏に返したチケットから人数分のチケットを
渡される感じ。ランダム…なのかな。
いない人の分まで引き換えはできないようなのでご注意を。
(例えば二人のうち先に一人だけが来て、ハガキ2枚で
チケット2枚と交換とかは無理のよう)
ちなみに私と連れは6列目でした。

<配布物>
「00」関連のものをピックアップ。

●(配布物が入ってた)ビニールバッグ→その1その2
ガンダムウォーカード SP57「ガンダムエクシア」
●ガンダムコレクションCOMPLEX GN-001 ガンダムエクシア
 →その1その2
カード→名刺サイズ。「GUANDAM.INFO」オープン告知

ガンダムウォーカードとガンダムコレクションは非売品で
この試写会用ぽいですね。
あと、00の絵が描かれたチラシも2枚ほど。

<試写会流れ>
第一話上映→舞台挨拶(男性キャスト)→舞台挨拶(女性キャスト)
→制作裏映像+アーティストメッセージ→水島監督挨拶→古谷さん挨拶
→試写会出演者挨拶

<舞台挨拶>
舞台挨拶は内容的にはどの方もこの前Gyaoで見たキャラホビのと
同じようなことを言ってたんじゃないかなぁ…。

キャスト関連でおもしろかった話
 メイン男性4人に対抗して女性4人で話し合って
 キャラを踏まえたあだ名でお互いを呼ぶことにしました、と本名さん
 そして披露したあだ名は
 恒松さん→姫、高垣さん→ピンク、真堂さん→セレブ
 うん、まぁそんな感じでしょうと聞いていると
 本名さん…「ヨシズミ」てw
 いや、まぁそのネーミングセンス好きですが。
 そしてそれならアマタツでもいいんじゃないと言う意見も
 出たりするのですが、TBSなんで森田さんと言う選択が…と
 いう意見が出たことで、じゃそれで、ということで
 本名さんのあだ名は「森田さん」へw

 このあと最後の挨拶で三木眞さんが上の本名さん発言に対して
 男性4人お互いをあだ名で読んでるわけでもないので
 何で対抗されたかわからないんですが…といいながら、
 (女性陣のあだ名に対応して)男性キャスト4人をバンドに
 当てはめると、それぞれのポジションは
 宮野さん→ギター、三木眞さん→ベース、吉野さん→ボーカル、
 神谷さん→キーボードだと思うと発言してましたね。
 今日のそれぞれ格好的にあり、だと思ったのですが
 何でいきなりバンドできたんだろうw 

あと、水島監督から「00はシーズン制でいきます。」と発言が。
まずは1シーズン(2クール)を放送とのことですが
すでに2シーズン目の制作にも着手はしているとのこと。

<制作裏映像>
監督を初め制作スタッフからのコメントがありました。
(シリーズ構成の黒田さん…恥ずかしがり屋にもほどがあるw)
あとは第一話アフレコ時の風景。(監督キャストへの説明風景、
アフレコ風景など)

あと、どうでもいい感じの話なのですが
キャストさんたちの会話に微妙に間があるのが気になった。
イベント慣れしてない人が多いからとか?と思ったけど
男性キャスト4人はそうでもないと思うんだけどな。なんだろうね。
皆さん揃って緊張されてるとかなんだろうか…。

とりあえずこんな感じでしょうか。
記憶違いも多々あるかと思いますがご容赦を。

本編は…後日書ければ。
ここまで書くのに時間食いすぎだよ…。

つか、ちょっと今から見なきゃならない番組が
あるので、今日はこれにて。

【声優:イベント】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。