スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「トモダチコレクション」プレイ感想 
 
トモダチコレクション

「トモダチコレクション」ライフ続行中。
なんとなくプレイ感想。


まったりと箱庭を眺める感じでMiiたちがキャッキャしてるのを
眺めてニヤニヤできるか否かがこのゲームの好き嫌いに
繋がると思う…たぶん。
で、私はといえばおもいきりニヤニヤしてます(笑)
プレイヤーとしてできるのはMiiたちの悩みを解決してあげるのと
微々たる人間関係のコントロールくらいなんですが、それ故
思わぬところで親友関係が出来たり、恋愛関係が出来たりが
おもしろいです。(予想もしないキャラからこれまた予想して
なかったキャラへ「告白したい」と相談を受けたりとかねw)

あと、Miiを作るのがかなり楽しい。欲を言えばパーツがもう少し
豊富だとうれしいんですが(特に髪型!)、少ないパーツでも
なんとなくそれっぽいのが出来たりするとちょっとうれしい(笑)
だから、このMii作りが楽しく感じられないと(苦手だとしても)
このゲームの面白さが少し減るかも…。
まぁ、Wiiがあれば人様が作ったMii連れて来れますけど、自分で
作った方が断然楽しいですよ、たぶん。
(ちなみに、個人的な印象だけど、Miiは2次元キャラより
実在する人物の方がなんとなくだけど作りやすい気がする)

てか、昨日初めて結婚を見た!!
このゲームやり始めて初結婚だったのでかなりうれしかったよ。
新婚旅行いったりとか、記念写真撮ったりとか、あとスタッフクレジットに
あわせて「二人の思い出スライドショー」みたいなのが流れて
なかなかおもしろかった(笑)
(スライドショーとか何その思い出?みたいなw)
いやでも、ハート飛ばしあってラブラブしているMii眺めるのは
ホント楽しいです。

おもしろいといえば、Mii同士のやりとりがおもしろいんですが
その中でもケンカのやり取りがかわいくていい(笑)
(これはケンカ後に謝りに行ったのに許してもらえなくて傷心状態に
なったときに、ケンカの状況を思い出す…という感じで発生するんですが)
男女関係なく激しく物を投げあいながら、たとえばこんな感じで
言い争うのですが…
「○○のバカー!」
「バカっていうほうがバカなんだもん!」
「○○のイケメン!」
「イケメンていうほうがイケメンなんだもん!…あれ?」
「○○のイケメン!」
「さっきそれ言ったよ」

なんかもう…ね、見ていて和む。
「イケメン」とかもはや褒め言葉だし(笑)。
しょんぼりしているMiiを横目につい長く見てしまいます。

あと、「夢」とか「替え歌」とか他にもいろいろ本当に楽しくて
とにかく見ていて和むこと請け合いで、個人的にはかなり
おすすめのゲームです。

(7/26追記)
Miiは自分で作ったほうがより楽しめるかも。
もちろんそういうのが苦手だという人もいると思うので
似顔絵広場とかから上手くできたMiiを連れてくるのも
「アリ」だと思うのですが、「あーでもない」
「こーでもない」って試行錯誤しながら作ったMiiは
たとえそれがそんな似てなくても、ものすごく
愛着が沸いてかわいくてしかたないよ。(親ばかw)
てか、似てる似てないなんて思い込みひとつで
どうとでもなる!(笑)
そんなわけで、これからプレイしてみようと思ってる方には
Miiはどんどん自分で作っていくことをお勧めします。


(関連)
・トモダチコレクション~Miiあれこれ① (07/01)
・トモダチコレクション~Miiあれこれ② (07/04)
・トモダチコレクション~Miiあれこれ③ (07/07)
・トモダチコレクション~Miiあれこれ④ (07/23)
・トモダチコレクション~Miiあれこれ⑤ (07/26)
スポンサーサイト
身代わり伯爵の図書カードが当たった(*゚∀゚) 
 
ひさびさの更新です、こんばんは。
KH358/2Daysを少し前に無事クリアして…なお
放置だったのは今度は「トモダチコレクション」に
手を出していたからです(笑)いやー、こっちも楽しい。
おもいきりアニメ・ゲーム・漫画のキャラの二次元住人と
(今のとこミレーユとリヒャルトだけですが「身代わり」
キャラも作ったり。)
著名人とか(声オタらしく?)声優さんとかのMiiを
配置したり…というなんともカオスな島作りに励んでます。
てか、Mii同士のやりとりにヤニヤしている自分は
ちょっといろいろとダメな気がする(笑)

と、そんなどうでもいい話はおいておいて今日の本題へ。

角川さんからなんか来たああああああ……
てな感じで、「身代わり伯爵の冒険」コミックス1巻と
「身代わり伯爵の求婚」の刊行記念コラボキャンペーン
図書カードセットが当たったようで今日賞品が送られてきました。ヒャッホウ

 migawari_090625_01.jpg
 (添え状の一部)

100名の当選枠だったので、当たるとは思ってなかったんで
いやはやラッキーです。
応募時期がちょうど「身代わり」にはまった直後くらいの
ことだったので、萌えた感情の勢いそのままの感想を
ちょっと書き添えておいたのが功を奏したのかどうかは
わかりませんが、とにもかくにも角川さんには感謝です。

そういえば、添え状に「身代わり伯爵」インフォメーションとして
書いてあったのですが、特設サイトなんて出来るんですね。
(Asukaにも書いてありましたね)

○7/1 身代わり伯爵 特設HPスタート
http://www.kadokawa.co.jp/migawari/
(6/25現在はまだアクセスできないようです。)
これは…アニメ化への布石、とかだったりしないのかなぁ。
そうだと個人的にかなりうれしいんだけど。

あと、こちらも既に既出の情報ですがドマラCDの全サが
7月28日発売の「TheBeans」Vol.13であるようで…。
遅れて来たファンで、過去2回のCDと小冊子の全サを
あとから無理して手に入れた身としては、初めて普通に
応募できる全サと言うことでうれしいですねー。

と、また横道に逸れてもーた…。

「図書カード」の中身の紹介です。

カードは二つ折りになった台紙の中に2枚並べてあって、
まず封筒から取り出すとこんな感じ。
 migawari_090625_02.jpg

と、ここで「おや?」と思われた方がいるかも。
開けるとこんな感じで上の方に清家先生のメッセージ、
下の方が図書カードとなっているのですが…
 migawari_090625_02_2.jpg

ん?小説の方の絵柄が「潜入」?
コミックスの方は1巻の表紙イラストなんですが、小説の方は
「求婚」でなく「潜入」の表紙イラストになっているんですね。
「求婚」での応募だったのでてっきり「求婚」の表紙が
くるものだと思い込んでたんですが違ったようで。
まぁどの表紙の図書カードであってもうれしいことに
変わりはないので、いいっちゃいいんですが
ちょっとだけ「おや?」っと思ってしまいました。
(「求婚」だとリヒャルトが表紙にいないから…とかあたりが
「潜入」になった理由なのかなぁ…)

ちなみに、清家先生のメッセージは以下のようなもので

いつも応援ありがとうございます。
ミレーユとそれを取り巻く人々の冒険(暴走?)はまだまだ展開中です。
小説、コミックともども、身代わり伯爵をこれからもよろしくお願いします!

メッセージの最後に先生のサインが入っている感じです。

そういえば、7/1発売の「身代わり伯爵の失恋」でもまた
キャラからのハガキという抽選のプレゼントがありますね。
あれも欲しいなぁ。
立て続けに当たるとは思えないですが、とりあえずは
応募だけはしてみるかなぁ…。

【身代わり伯爵シリーズ】
放置気味 
 
ゲームやり始めるとここを放置してしまうなぁ…

358/2はようやく300日目。
メモは終わったらまとめて書こうかな
世界の果てで愛ましょう 1巻 
 
巡回してる書評ブログさんで感想を読んですごく
気になったので買ってしまったんですが、大当たりでした。

世界の果てで愛ましょう 1/武田すん
世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

「僕女の子になっちゃった…」
異世界の王子エミリオによりムリヤリ女の子に変えられてしまった主人公・涼馬。エミリオの目的とは!?武田すん衝撃の最新作がここに誕生!あなたは真実の愛を目撃する……?



※掲載誌は電撃マ王ですが、BL的内容という捉え方で
 読んでいますので、感想も微妙にそっち方面です※

続きを読む »

KH358/2Days プレイメモ:Day4 
 
「KINGDOM HEARTS 358/2Days」プレイメモ兼感想。
4日目。今回はDay 97からDay 150まで。モードはスタンダード。

以下ネタバレを含むためご注意を。




・Day97~100
 ミッション32、34、35は難敵揃いでしんどかった…。

 ミッション32:アントリオン戦
 砂に潜っている形態の時はそうでもないのに、空中に
 上がってからのあのウザさ異常。おかげで3度も死んだし
 倒したときも時間がえらいかかったし…orz

 空中形態はアントリオンが投げる箱を打ち返す
 (落ちているのを打ってぶつける)ことを数回繰り返すと
 アントリオンが地上に落ちてくるのでそこを撃つ感じ
 …なのだけど、それに最初気づけなかったのが痛かった。

 ミッション34:エアリアルマスター戦
 手元のメモを見ると「うぜええええ」としか書いてないという…
 なんだこれ?(笑)

 ミッション35
 本気で心が折れそうになった(笑)まだ押したことがない
 「Next Day」ボタンを押してしまおうかと思った…。
 アイスキューブとスノウクリスタルをファイアで片付けて
 (ファイアとケアルほぼ使いきって)ほっとしたら、
 その直後にバイティングドッグ2匹いた時にはさすがに
 勘弁してくれと思った…

・Day 117
 サイクス、アクセルの部屋へ(シオンの様子を尋ねる為)
 アクセルに近いうちにまた忘却の城に行ってもらうという
 サイクスだが、アクセルはあまり気が乗っていない様子。
 
 ところで
 「汚れ仕事は俺が引き受ける……だからお前は上に行け」
 機関のトップに行くためにヴィクセンやゼクシオンを消したような
 男であるサイクスにアクセルが言ったこの台詞の意味って?
 この二人はどういう関係なんだろう…人間だった時に
 何かあったりするんだろうか…。

 任務はシグバールとオリンポス探索へ。
 フィルから弟子志願者と勘違いされるロクサス。
 トレーニングはいまのところ150超えるのが精一杯(ダメすぎ)

 任務終了後は3人でアイス。
 夕陽を見て話しているとずっと昔にこうやって誰かと話した
 ことがある気がするとシオン。

・Day 118
 [本日休暇:Day off Today]
 本日休暇の張り紙を見て呆然とするロクサス。
 …てか、デミックスがそろそろ休みがほしいとは言ってたけど
 機関に休みなんてあったのか…正直意外だ。
 
 休暇のすごし方を聞くロクサスにアクセルは寝るといい、
 シオンは訓練をするというが、ロクサス自身は休暇に
 何をしたらいいのかわからない。
 そして、そんなロクサスがひらめいたこと
 ↓
 「あ!アイスを食べよう」

 ちょ、ロクサス、どんだけアイスが好きなんだ、と
 思わず突っ込みたくなった(笑) まぁ、それだけしかないのは
 ある意味かわいそうではあるのだけど

 アイスを食べているロクサスの元にアクセルとシオンがやってくる。
 休暇の話から「夏休み」というものの話へ。
 夏休みは30日間くらいあると言われ
 「30日もあったら何していいかわからない。
 7日間くらいでいいかも」というロクサス
 このやりとり、2のロクサスが消えるときの台詞を思うと
 すごくせつないなぁ。

 サイクスはアクセルにロクサス、シオンと仲良くなりすぎるなと
 言う。また、二人の影響でアクセルが変わってきていることを
 感じているよう。
 (やはりアクセルとサイクスの関係が気になる…)

・Day 119~122
 ミッション38のザルディンとビースト・キャッスル調査。
 とりあえず例によってルミエールの視線を掻い潜るのが
 半端なく面倒だった。特に西ホールの階段下の掃除用具の
 ところがチェックするまでに見つかって何度もやり直す羽目に。
 ルミエールうざいよルミエール…。

 ミッション41のモーニングスター戦はコロシアムの
 外側だとエイミングキャノンがあまり来ない気がしたけど
 どうなんだろう。とりあえず、モーニングスターが回転してない時に
 ブリザドを入れて、動きが止まったら近づいて打つべし…で
 どうにかなった感じ…かなぁ。

・Day 149
 ザルディンによると「機関の偽者が現れている」とのこと。
 
 一人でハロウィンタウン調査。
 リアゴーストがちょっと面倒だった。

 帰還のときのバレルのDSの画面に向かっての
 台詞は遊び心があってよかった。

 任務終了後、任務から帰ってきたアクセルとアイス。
 シオンは一人自室に篭り何か考えているよう。
 黒フードとの戦いを思い出すシオン。

・Day 150
 (シオンの回想:黒フードと戦うシオン。相手は…リク)
 シオンはサイクスに「もう一度」と頼むが、サイクスは
 そんなに暇じゃないと一蹴。さらにはシオンのことを
 失敗作だったという。
 うなだれるシオンにロクサスが声をかけるが、シオンは
 何も言わずその場を立ち去る。

 ビースト・キャッスルでダークフォロワー戦。
 戦い方はダークサイドのときとほぼ一緒で全く近づかずに
 魔法とリフレクトガードのみで戦う感じで。
 基本ポジションは廊下の端。で、衝撃波が届かないあたり
 までを適度に移動。
  1.黒い球体を投げてくるまではファイヤで攻撃。
  2.黒い球体を投げてきたらザルディンより後ろに下がって
   ザルディンに全部球体を受けてもらう。
  3.衝撃波直後にシャドウが生まれたらすかさず近づいて倒す
  4.白い球体を投げてきたら頭をターゲットにリフレクトガードで
   はじき返す
 1~4を繰り返す。とりあえずこれだとリフレクトガードに
 失敗しない限り無傷な感じで戦えるかなぁと。あきらかに
 まどろこしいやり方だと思うけど、近づくとどうしても衝撃波を
 くらいそうなんでこれでいいんです(笑)

 任務終了後、アクセルとアイス。
 野獣のように「失いたくないもの」が自分にはないというロクサス。
 アクセルは最初は俺たちには心がないから「ない」と答えるが
 ロクサスの話を聞き、それならノーバディの失いたくないものは
 「人間だった過去の記憶」かもと答える。
 それすらないと沈むロクサスに、「それなら機関に入ってからの
 記憶はどうだ?」と問う。
 ロクサスは「わからない」けれど、アクセルとシオンのことを
 忘れるのは嫌だ、自分の中からふたりの存在が消えたら
 怖いと言うのだった。
 
 夏休みの話といい今回のやり取りといいあまりにも
 せつない、せつなすぎるよ…(ノД`)
 それに、自分の中から二人の記憶を消したくない、それが
 怖いとまで言っているのに2の段階ではすっかり忘れている
 とか…もう、ね。
 忘れたくない記憶を失くしたロクサスもかわいそうだけど、
 これだけ面と向かって言われたのに、忘れられてるアクセルも
 相当かわいそうだよなぁ…。
 
(ここまでの全体感想)
ヘタレゲーマーの自分にはそろそろきついところが出てきた感じ。
ミッション32、ミッション35は本当につらかった…。
2ってスタンダードモードってこんなに難しかったかなぁ。

しかし、ようやく1/3は超えたよ…。けど先は長い。 

本日はここまで。
…続く?

これまでのメモ
・KH358/2Days プレイメモ:Day3 (06/03) Day73~Day96
・KH358/2Days プレイメモ:Day2 (05/31) Day23~Day72
・KH358/2Days プレイメモ:Day1 (05/30) OP~Day22

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。