スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金色のコルダ ~secondo passo~ 第1楽章 
 
「金色のコルダ ~secondo passo~」の第1楽章がキッズで
今日放送されたので視聴。




以下、ストーリーと感想です。
※詳しいところまで見たくない方は見ないほうがいいかも。
<ストーリー&感想>

9月。新学期を迎えるところからスタート。
secondpasso_01.jpgsecondpasso_02.jpg
  月森はあいかわらず練習三昧、土浦はサッカーの練習、
  3Bの二人も進路について何か思うところがあるよう
  冬海も夏休みの間にオーケストラ部に入部したそうです。
  そして、志水。
  志水は少しだけ背が伸びました。
  「そんだけ?」と思ったのは私だけでいい(笑)


広場で練習をする香穂子の前にリリが現れ
コンクールが終わってもヴァイオリンを続ける香穂子を喜ぶ。
教室に向かおうとした香穂子は吉羅とぶつかりそうに。
secondpasso_03.jpg
  ベッタベタな少女漫画的展開!
  ぶつかりそうになるとか…だがそれがいい。


月森、柚木、土浦は金澤から吉羅の独断でコンクール
ファイナルを行うことになったことを告げられます。
secondpasso_04.jpg


香穂子は夏休みから本屋でバイトをしながら、そのバイト料で
ヴァイオリン教室に通っている。
バイト先の本屋が入ったビルの地下には楽器店があり、
割引料金で練習室を使うことができるのだ。
楽器店の練習室で練習をしていた香穂子はドア越しに
何かをつぶやき去っていく少年(衛藤)を見かける。
secondpasso_05.jpgsecondpasso_06.jpg
  ヴァイオリンに関することは全てバイトしてっていうのがいいですね。
  なんか本気って感じで。


コンクール、ファイナル当日。
演奏は土浦→柚木→月森の順。
同じ時、ちょうど転入の手続きのため星奏学院を訪れていた
加地は講堂から聴こえてくるヴァイオリンの音に過去を思い出す。
secondpasso_07.jpgsecondpasso_08.jpg
コンクールの最終順位は1位:月森、2位:土浦、3位:柚木。
壇上に立つ3人と自分との実力の差を強く感じる香穂子。
secondpasso_09.jpgsecondpasso_10.jpg
  コンクールの衣装はアニメの最終セレと同じでした(よね?)
  柚木の演奏中に、火原が柚木と彼の進学のことについて
  夕方の教室で柚木と話したことを思い出すシーンが入るんですが、
  そのシーンがきれいでよかった。
  あと、加地の子供時代の回想の子供加地と月森がかわいかった。
  

加地が香穂子のクラスに転校してきた。
香穂子の姿を見つけた加地は香穂子にいきなり
「君に…会いにきたんだ」と告げる。
香穂子を追って転入してきたらしい加地の噂で校内は持ちきりだが、
そんな中、吉羅からコンクール参加者に招集がかかる。
secondpasso_11.jpgsecondpasso_12.jpg
  「君に会いにきたんだ」の加地、キラッキラですね(笑)
  なんていうか浮いたようなしゃべり方とかアプローチの仕方とか
  まとう雰囲気はたしかに「王子様」かもしれないとか思ったり


横浜開港150周年記念のメイン会場のオープニングセレモニーに
コンクール参加者でアンサンブルとして参加すことを告げる吉羅だが、
香穂子には「君は、要らない」という。
secondpasso_13.jpgsecondpasso_14.jpg
驚きを隠せないメンバーたち。
柚木は吉羅の香穂子へのストレートすぎる物言いにやんわりと
抗議し、土浦も香穂子だけ外すことに食って掛かるが
それらに取り合うことなく吉羅はさっていく。
自分のレベルではみんなに合わせることは恥ずかしい。みんなの
アンサンブルを楽しみにしている、と香穂子は笑顔で答えるが…。
secondpasso_15.jpgsecondpasso_16.jpg
  自分の望むレベルではない…と面と向かって言われるのは
  それが事実だとわかっていてもやっぱキツイね(´・ω・`)
  土浦はすごく彼らしいなと思ったんですが、柚木はまさか
  ストレートな擁護じゃないにしてもああいう風に口を出すとは
  思わなかったかなぁ。まぁ、それだけこれまでの積み重ねで
  香穂子に心が動かされてると思えばそれだけでも萌えますが


香穂子は吉羅の言葉を思い返しながら練習を始めていた。
校内を歩いていた加地は拙い音だが心が惹かれる、と
ヴァイオリンの音に惹かれて練習中の香穂子の元にやってくる。
演奏しているのが香穂子だとわかり、以前の音と違うことを
不思議に思う加地。
アンサンブルには参加できないと言い、沈む香穂子に
加地は「このあとあいてる?」といきなり外へ連れ出すのだった。
  ヴァイオリン変えた?から始まり、怪我したの?、アンサンブル
  はずれたからショックで音が変わったの?と次々繰り出す
  加地さんにもうやめてあげて~と思わずにいられなかったよ(笑)
  

「コスモワールド」→「赤レンガ倉庫」あたりで楽しむ二人。
-君に…会いにきたんだ
加地の言葉を思い出し、以前に会ったことがあるか問う香穂子に
香穂子が公園でヴァイオリンを弾いているところをみかけて
その音に惹かれて星奏学院に転校してきたと答える加地。
デートの帰り衛藤と会う香穂子と加地。
衛藤は加地がヴァイオリンをやめたことを「賢明な選択」といい、
香穂子にも「時間の無駄」だという。
加地は自分はともかく香穂子を傷つけることは言うなと衛藤に言う。
人に聞かせるレベルではないとわかってはいるが
ヴァイオリンを弾きたい気持ちは消えないと加地に告げる香穂子。
secondpasso_17.jpgsecondpasso_18.jpg
  香穂子のヴァイオリンの演奏について語る加地は、そのふわっとした
  口調ともあいまってなんか悪い宗教にでもはまってる人のようで
  ちょっと怖いぞ(笑)
  ヴァイオリンを弾きたい気持ちは消えないという香穂子はバイトの件に続き
  ヴァイオリンを香穂子が本気で好きだということが、伝わってくる感じで
  いいですよね。にしても、「時間の無駄」とは酷いよ、衛藤。
 

アンサンブルの練習中のメンバー。
技術的には問題ないがもう一つまとまりがないと金澤。
やっぱり香穂子にも参加してもらおう、と言う火原に
土浦も一方的に香穂子だけはずすのが気に食わないというが
月森は香穂子に合わせてレベルを下げるのか?やる以上は
最高の演奏をすべきではないか?と返す。
そのやり取りを聞いていた志水は「最高の演奏とは何でしょう」と
つぶやき、またこのアンサンブルにヴィオラが欲しいというのであった。
secondpasso_19.jpgsecondpasso_20.jpg
secondpasso_21.jpgsecondpasso_22.jpg
  ヴィオラ…これは加地がメンバーにでも入るフラグなの…か?
  香穂子、加地も入ったアンサンブルでイベントに参加ということなのかな


下校中の香穂子の前に王崎が現れる。
香穂子たちがコンクールに向かう姿を見て、コンクールへの
出場を決めた王崎は、ウィーンで開催されるコンクールへの
出場が決まったらしく、今後あまり香穂子の練習を見てあげられなくなると言う。
王崎は彼が出るはずだった横浜開港150周年のファミリー向けの
コンサートに自分の変わりに出てみないかと香穂子に言うのだった。
secondpasso_23.jpgsecondpasso_24.jpg
  ようやく王崎先輩の見せ場が来たよ!ウィーンのコンクールは
  ここで仕込んでくるんですね。
  てか、開港150周年を宣伝しすぎじゃないか?
  なんかもはや横浜市に開港150周年公式アニメにでも
  してもらったらいいんじゃなかろうか(笑)


王崎の言葉を思い出す香穂子だがその顔は暗い。
「王崎先輩の変わりに私が演奏するなんて…
それに…私…ステージに立つのは怖い」
secondpasso_25.jpgsecondpasso_26.jpg
  香穂子せつないな…と思うより前に、ベッドの上の香穂子エロイ
  …とか思ってゴメン(笑)


第2章へ

--------------
星奏学院祭2に外れたのがショックで、レポも読まず
ついでにゲームも買ってないのでほぼ前知識なしに
みた「secondo passo」。
(でも第一楽章見たらゲームほしくなってきたよ/笑)

時間は30分しかないのですが、けっこう上手く
まとまってるんじゃないかなと…。
まぁ、駆け足っちゃ駆け足なんだろうけど、それでも
とりあえず今回の放送に関してはそんなすっ飛ばされてる
印象はあまりうけなかったです。
うまいこと小さなエピソードもちょこちょこ入れてあるしね。

予告はあいかわらずおかしかった(笑)
あんなにシリアスに終わっておきながらなんだあの
2時間サスペンスのような予告…いや、楽しかったですが!

作画もとてもきれいでいいですね。
(TVアニメの時もきれいだったし、そこまで酷く崩れたことも
なかったとは思うけど)
コルダは女性向けアニメだけど、男性キャラも女性キャラも
どちらもかっこよくかわいく描いてもらえるのが本当にうれしい。
いやー、香穂子も冬海ちゃんもかわいい!
やはり藤岡真紀さんの絵は美しくて艶があっていいですね。
あとは、今回は夏の制服がみられたのもよかった。
(でも、柚木だけは夏といえど長袖のシャツなのね…)

個人的にはこのクオリティならOVAという形ではなく、
TVアニメで2期という形で見たかったかな。
つか、今からでもいいから是非やってほしい。
もちろんお布施としてOVAも買いますから(笑)

次回、第二章が6月5日なんですが楽しみです。
それまでは録画のリピートで凌ぐか…でも6月は遠いなぁ。




【金色のコルダ】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。