スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
身代わり伯爵番外編 
 
「The Beans」はvol.2からずっと買ってる雑誌なんですが
自分が本編を読んでるもののページしか読まないので、
今まで身代わり伯爵関連のページは全く読んでなかったんですよ。
(随分もったいない読み方だとは思うんですが…)
なので、ものすごく今更なんですが、部屋のバックナンバーを
漁って過去に掲載分の番外編をいっき読みしてみたので感想。

でも、5月に短編集で出るんですよね?
ホント今更だわー



The Beans vol.9
「身代わり伯爵と運命の鏡」

 「結婚」中のエピソードってことでいいのかな。(※1)
 ルーディーが王宮に持ち込んだ運命の相手が映し出される
 …という鏡を巡る話で、今回読んだ4本の中では一番好きな話かも。

 まずセシリアがかわいい。子供っぽいとは思うんですが
 なんていうかやることなすこと愛らしすぎて…フレッドが
 ちょっかい出したくなるのもわかる気がするなぁ。
 ところで、日記≒ポエムの内容…アレは本当にフレッドは
 日記見てないのかなぁ?表紙しか残っていなかったから
 有耶無耶な感じもしないでもないけど…まぁ、見てなくてあれだけ
 同じ感性の文が書けるなら、ミレーユじゃないけどホントお前ら
 どんだけ似たもの同士だよ!?ってことなんですけどね(笑)

 リヒャルト×ミレーユ的には、今回は「ですよねー、やっぱ二人は
 そういうことですよねー」と思わずにいられない展開が一番の
 収穫でした。運命の二人バンザイですよ、ホント。
 あと、鏡の前に立ったリヒャルトとミレーユのやり取り、変な男が
 映ったら困る…あたりは萌えました。 

 追記(2009.04.30):
 (※1):短編集「身代わり伯爵と伝説の勇者」のあとがきによると
     「結婚」直後とのことです。

The Beans vol.10
「身代わり伯爵と伝説の勇者」

 フレッドの大学時代の友人:レオンと恩師の娘:マリーを巻き込んで
 フレッド、自分の領地(ロイデンベルク領)で大活躍…な話ですね。
 つか、行き倒れになる寸前なのに倒れる場所に花(3km先から
 持ってきた)を敷き詰めるフレッド…筋金入り過ぎる(笑)
 あと、レオンとマリーはもう一組のフレッドとセシリアって
 感じで描いてあるのかなぁ。

 ところで、この話的に一番気になったのが、フレッドがこの世で
 1番目に好きなのはミレーユ、4番目に好きなのはマリー(=セシリア)
 だと言うところなのですが、だとすれば2番目と3番目はリディエンヌと
 母親のジュリアってことでいいのかな?
 つか、この時点ではフレッドの中ではリディエンヌ>セシリア?
 なんかフレッドの真意っていまいち測りかねる…リディエンヌや
 セシリアへの気持ちとか実際どうなってるんだろう。
 あと、この話は時間軸的にどのくらいのときの話なんだろう?(※2)

 追記(2009.04.30):
 (※2):短編集「身代わり伯爵と伝説の勇者」のあとがきによると
     「結婚」と「挑戦」の間とのことです。

The Beans vol.11
「身代わり伯爵と秘密のデート」

 「決闘」と「脱走」の間って感じなのかな。(※3)
 ヴィルフリートはミレーユにラブレターを出すのだけど…な話。
 いやぁ、ヴィルフリートはよくよくついてないというか…
 本人そそっかしすぎるというか、ことミレーユ関係に関しては
 ホント不憫な子だ(笑)
 でも、部分的にやることが男らしいというか、正真正銘王子様なのが
 いいところですよね、ヴィルフリート。
 しかし、ミレーユとヴィルフリートってボケ同士のコンビって感じだ(笑)
 あと、リヒャルトの助言とも牽制とも取れるヴィルフリートへの言葉が
 ツボでした。

 この号には番外編以外に「身代わり伯爵と白馬の王子特集」という
 特集があって、その中の身代わり伯爵のコーナーがよかったです。
 内容は「キャラインタビュー」、「清家先生インタビュー」
 「清家先生&ねぎし先生が選ぶ挿絵ベスト3」などで7ページくらい。
 以下、ちょっと感想。
 ・清家先生インタビュー
  元はシリアスめな話だってのはちょっと意外だったかも。
  ああ、でもリヒャルトを取り巻く話辺りをみるとその片鱗はあるのかな。
 ・挿絵ベスト3
  先生方のコメント付きでいいですね。清家先生のほうは
  わりと納得な感じ。一位の挿絵は私も好きだ。
  ねぎし先生の方は2位、3位あたりはレーターさんならではの
  チョイスなのかな。つか、ねぎし先生はフレッド好きか(笑)

 追記(2009.04.30):
 (※3):短編集「身代わり伯爵と伝説の勇者」のあとがきによると
     「決闘」の後半とのことです。

The Beans vol.12
「身代わり伯爵と内緒の追跡」

 「結婚」と「挑戦」の間のエピソードですね。
 鉄拳女王、ミレーユの日常が素敵過ぎ。
 リヒャルトが切れた状態で言った「貴様ら、よくも俺の…っ!」と
 最後の「ちょっと抱きしめてもいいですか」からの件が萌えました。

 あと、この号ではカラーイラストが見開き1Pであるのですが、
 シアラン編オールスターな感じでよかったです。
 アレックス、テオ、エルミアーナ、アンジェラは初カラーなのかな?
 あ。フレッドのミレーユの身代わりとしてのカラーも初?
 


【身代わり伯爵シリーズ】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。