スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お釈迦様もみてる 学院のおもちゃ 
 
お釈迦様もみてる学院のおもちゃ 今野緒雪

仏教系の花寺学院高校に入学早々、生徒会長の柏木優の烏帽子子になってしまった福沢祐麒。さらには安来節セットを渡され、生徒総会で踊りを披露するよう命じられる。練習に励む祐麒だったが…!?


以下、ミニ感想。
シリーズ2作目ですね。
1作目が出たときに続いてくれたらいいなと思っていたので
こうやって次が出たのはうれしい。
(一作目発売のときのサイン会で「続編希望です」とか「アンドレ先輩
いいですね」とか何とか言ったりしたのはいい思い出)

正直1巻のときは男版マリみて?がどんなものかという興味で
読んでみたら、柏木さんのキスがあまりにもアレだったので、
男子校ニアホモ物語として読んでいた部分がほとんどだった気が
するんですが、2作目になって単純に祐麒の成長物語としても
おもしろく感じてきたかも。
あと、「紅か白か」に収録の「アンドレの憂鬱」がこの話と対…てか
裏面になるような形になっているのも面白くていいですね。

キャラはどのキャラもけっこう好きなんですが、アンドレ先輩は
別格です(笑)前作からぶっちぎりで大好きだー
もうあの人は何でやることなすことがあんなかわいいかなぁ…

あと、表紙と挿絵について。表紙は今回も祐巳と祐麒だけど、
表紙に出すならもうちょっと祐巳に出番を…と思わないでもない。
前作のお姉ちゃん然としてる祐巳がすごく好きだったから
今回朝食のシーンだけだったのは残念。
それと、挿絵の枚数が少なくて驚いた。最近挿絵が多いラノベを
読んでたので特にそう思うのかもだけど、2枚…しかも前半部分にしか
挿絵がないってのはちょっと少ないような気がするんだけど…
コバルトはこんなもんだっけ?
後半部分の挿絵がもう少し欲しかったなぁ…。
(ランポー、アリス、日光・月光を挿絵で見てみたい)

あとがきを読む限り、こちらのシリーズもちゃんと続きそうなんで
続きが出るのが楽しみですよ。
これからもおもしろくなっていけばいいな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。