スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KH358/2Days プレイメモ:Day4 
 
「KINGDOM HEARTS 358/2Days」プレイメモ兼感想。
4日目。今回はDay 97からDay 150まで。モードはスタンダード。

以下ネタバレを含むためご注意を。




・Day97~100
 ミッション32、34、35は難敵揃いでしんどかった…。

 ミッション32:アントリオン戦
 砂に潜っている形態の時はそうでもないのに、空中に
 上がってからのあのウザさ異常。おかげで3度も死んだし
 倒したときも時間がえらいかかったし…orz

 空中形態はアントリオンが投げる箱を打ち返す
 (落ちているのを打ってぶつける)ことを数回繰り返すと
 アントリオンが地上に落ちてくるのでそこを撃つ感じ
 …なのだけど、それに最初気づけなかったのが痛かった。

 ミッション34:エアリアルマスター戦
 手元のメモを見ると「うぜええええ」としか書いてないという…
 なんだこれ?(笑)

 ミッション35
 本気で心が折れそうになった(笑)まだ押したことがない
 「Next Day」ボタンを押してしまおうかと思った…。
 アイスキューブとスノウクリスタルをファイアで片付けて
 (ファイアとケアルほぼ使いきって)ほっとしたら、
 その直後にバイティングドッグ2匹いた時にはさすがに
 勘弁してくれと思った…

・Day 117
 サイクス、アクセルの部屋へ(シオンの様子を尋ねる為)
 アクセルに近いうちにまた忘却の城に行ってもらうという
 サイクスだが、アクセルはあまり気が乗っていない様子。
 
 ところで
 「汚れ仕事は俺が引き受ける……だからお前は上に行け」
 機関のトップに行くためにヴィクセンやゼクシオンを消したような
 男であるサイクスにアクセルが言ったこの台詞の意味って?
 この二人はどういう関係なんだろう…人間だった時に
 何かあったりするんだろうか…。

 任務はシグバールとオリンポス探索へ。
 フィルから弟子志願者と勘違いされるロクサス。
 トレーニングはいまのところ150超えるのが精一杯(ダメすぎ)

 任務終了後は3人でアイス。
 夕陽を見て話しているとずっと昔にこうやって誰かと話した
 ことがある気がするとシオン。

・Day 118
 [本日休暇:Day off Today]
 本日休暇の張り紙を見て呆然とするロクサス。
 …てか、デミックスがそろそろ休みがほしいとは言ってたけど
 機関に休みなんてあったのか…正直意外だ。
 
 休暇のすごし方を聞くロクサスにアクセルは寝るといい、
 シオンは訓練をするというが、ロクサス自身は休暇に
 何をしたらいいのかわからない。
 そして、そんなロクサスがひらめいたこと
 ↓
 「あ!アイスを食べよう」

 ちょ、ロクサス、どんだけアイスが好きなんだ、と
 思わず突っ込みたくなった(笑) まぁ、それだけしかないのは
 ある意味かわいそうではあるのだけど

 アイスを食べているロクサスの元にアクセルとシオンがやってくる。
 休暇の話から「夏休み」というものの話へ。
 夏休みは30日間くらいあると言われ
 「30日もあったら何していいかわからない。
 7日間くらいでいいかも」というロクサス
 このやりとり、2のロクサスが消えるときの台詞を思うと
 すごくせつないなぁ。

 サイクスはアクセルにロクサス、シオンと仲良くなりすぎるなと
 言う。また、二人の影響でアクセルが変わってきていることを
 感じているよう。
 (やはりアクセルとサイクスの関係が気になる…)

・Day 119~122
 ミッション38のザルディンとビースト・キャッスル調査。
 とりあえず例によってルミエールの視線を掻い潜るのが
 半端なく面倒だった。特に西ホールの階段下の掃除用具の
 ところがチェックするまでに見つかって何度もやり直す羽目に。
 ルミエールうざいよルミエール…。

 ミッション41のモーニングスター戦はコロシアムの
 外側だとエイミングキャノンがあまり来ない気がしたけど
 どうなんだろう。とりあえず、モーニングスターが回転してない時に
 ブリザドを入れて、動きが止まったら近づいて打つべし…で
 どうにかなった感じ…かなぁ。

・Day 149
 ザルディンによると「機関の偽者が現れている」とのこと。
 
 一人でハロウィンタウン調査。
 リアゴーストがちょっと面倒だった。

 帰還のときのバレルのDSの画面に向かっての
 台詞は遊び心があってよかった。

 任務終了後、任務から帰ってきたアクセルとアイス。
 シオンは一人自室に篭り何か考えているよう。
 黒フードとの戦いを思い出すシオン。

・Day 150
 (シオンの回想:黒フードと戦うシオン。相手は…リク)
 シオンはサイクスに「もう一度」と頼むが、サイクスは
 そんなに暇じゃないと一蹴。さらにはシオンのことを
 失敗作だったという。
 うなだれるシオンにロクサスが声をかけるが、シオンは
 何も言わずその場を立ち去る。

 ビースト・キャッスルでダークフォロワー戦。
 戦い方はダークサイドのときとほぼ一緒で全く近づかずに
 魔法とリフレクトガードのみで戦う感じで。
 基本ポジションは廊下の端。で、衝撃波が届かないあたり
 までを適度に移動。
  1.黒い球体を投げてくるまではファイヤで攻撃。
  2.黒い球体を投げてきたらザルディンより後ろに下がって
   ザルディンに全部球体を受けてもらう。
  3.衝撃波直後にシャドウが生まれたらすかさず近づいて倒す
  4.白い球体を投げてきたら頭をターゲットにリフレクトガードで
   はじき返す
 1~4を繰り返す。とりあえずこれだとリフレクトガードに
 失敗しない限り無傷な感じで戦えるかなぁと。あきらかに
 まどろこしいやり方だと思うけど、近づくとどうしても衝撃波を
 くらいそうなんでこれでいいんです(笑)

 任務終了後、アクセルとアイス。
 野獣のように「失いたくないもの」が自分にはないというロクサス。
 アクセルは最初は俺たちには心がないから「ない」と答えるが
 ロクサスの話を聞き、それならノーバディの失いたくないものは
 「人間だった過去の記憶」かもと答える。
 それすらないと沈むロクサスに、「それなら機関に入ってからの
 記憶はどうだ?」と問う。
 ロクサスは「わからない」けれど、アクセルとシオンのことを
 忘れるのは嫌だ、自分の中からふたりの存在が消えたら
 怖いと言うのだった。
 
 夏休みの話といい今回のやり取りといいあまりにも
 せつない、せつなすぎるよ…(ノД`)
 それに、自分の中から二人の記憶を消したくない、それが
 怖いとまで言っているのに2の段階ではすっかり忘れている
 とか…もう、ね。
 忘れたくない記憶を失くしたロクサスもかわいそうだけど、
 これだけ面と向かって言われたのに、忘れられてるアクセルも
 相当かわいそうだよなぁ…。
 
(ここまでの全体感想)
ヘタレゲーマーの自分にはそろそろきついところが出てきた感じ。
ミッション32、ミッション35は本当につらかった…。
2ってスタンダードモードってこんなに難しかったかなぁ。

しかし、ようやく1/3は超えたよ…。けど先は長い。 

本日はここまで。
…続く?

これまでのメモ
・KH358/2Days プレイメモ:Day3 (06/03) Day73~Day96
・KH358/2Days プレイメモ:Day2 (05/31) Day23~Day72
・KH358/2Days プレイメモ:Day1 (05/30) OP~Day22

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。