スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「百鬼夜行抄」尾白と尾黒の扇子 
 
今 市子先生の代表作といえば「百鬼夜行抄」。
その「百鬼夜行抄」が連載15周年を迎えたということで
人気投票が行われたり、その結果を元にした
愛蔵版がリリースされたりなど…アニバーサリー的
企画が次々と行われています。

「人気投票」は本誌とコミックス18巻の連動企画で
投票するには本誌とコミックスの両方の応募券が必要という
「人気投票」としてはちょっと敷居が高いタイプだったのですが、
その代わり?…というか投票した人の中から抽選で
「特製扇子」をプレゼントというオマケがついていて、
せっかく応募券はあるし…と思って応募してみたところ
昨日賞品が送られてきました(*゚∀゚)ワーイ

というわけで、以下ちょっとだけ画像を。
(10/18 追記:「愛蔵版」について)

(追記)部分へジャンプ

※画像はクリックでちょっとだけ大きくなります。

まずは扇子を開いた状態。
ojirooguro_02.jpg
芥子色の地に尾白と尾黒のイラスト。
扇骨は黒竹で、白檀の香りがうっすらと香る仕様に
なっています。

尾白と尾黒のイラスト部分 その1
ojirooguro_03.jpg
「「若ーーーー!」」な感じで(どんな感じだw)
そういえば今月号も尾白と尾黒成分が
いっぱいの話でしたね

尾白と尾黒のイラスト部分 その2
ojirooguro_04.jpg
こちらは右端の方に小さく描かれたイラストの方。
15周年突破のご挨拶中?な感じの尾白と尾黒が
ちんまりとしててかわいいです。
あと、親骨部分には「百鬼夜行抄」の文字が
金の箔押しで入れられています。

アイテム自体も、またそれに用いられてるキャラが
尾白と尾黒というのも(舞いまする~的な意味でw)、
「扇子」というアイテムにいい具合にマッチしている気がしました。

しかし…
尾白と尾黒はこの作品のマスコットキャラといって
過言ではないと思うけど、次の愛蔵版でもまたグッズ化
されるみたいだし、よくよくグッズ化されるなぁ(笑)

---------
(追記)

上で書いた「愛蔵版」について補足。
発売日と収録内容は本誌によると以下のとおり。
※収録タイトルの後の()にはネムキの人気投票に書かれていた
エピソード番号、A5版収録巻、文庫版収録巻を記載しています。

<愛蔵版 百鬼夜行抄 尾白と尾黒>
発売日:11月6日(予定)
収録内容:
>シリーズの大人気キャラクター、尾白と尾黒にまつわる
>興味深いエピソードが読める作品11篇!

 「人喰いの庭」 (7/A5版2巻/文庫版1巻)
 「小さい虫」 (45/A5版11巻/文庫版7巻)
 「桜雀」 (4/A5版1巻/文庫版1巻)
 「天上の大将」 (57/A5版14巻/文庫版9巻)
 「青い鱗」 (20/A5版6巻/文庫版3巻)
 「神の通る道」 (24/A5版7巻/文庫版4巻)
 「南の風」 (19/A5版5巻/文庫版3巻)
 「うす紅色の女」 (30/A5版8巻/文庫版5巻)
 「夜泣きの桜」 (48/A5版12巻/文庫版7巻)
 「闇夜行路」 (27/A5版7巻/文庫版4巻)
 「狐使いの跡継ぎ」 (69/A5版17巻/文庫版-)

<愛蔵版 百鬼夜行抄 ベストセレクション>
発売日:12月4日(予定)
収録内容:
>著者自選作品及び読者人気投票の上位作品の
>中から厳選した11作品を収録。


 「逢魔の祭」 (6/A5版2巻/文庫版1巻)
 「待つ人々」 (25/A5版7巻/文庫版4巻)
 「雨夜の衝立」 (8/A5版2巻/文庫版1巻)
 「笑う盃」 (33/A5版9巻/文庫版5巻)
 「鬼の嫁取り」 (46/A5版11巻/文庫版7巻)
 「夏の手鏡」 (16/A5版5巻/文庫版3巻)
 「目隠し鬼」 (5/A5版2巻/文庫版1巻)
 「雪路」 (13/A5版4巻/文庫版2巻)
 「行李の中」 (21/A5版6巻/文庫版4巻)
 「マヨヒガ」 (41/A5版10巻/文庫版6巻)
 「精進おとしの客」 (1/A5版1巻/文庫版1巻)

ちなみに愛蔵版では↓が収録されるみたいです。
・雑誌掲載時のカラーが再現
・描き下ろしカラーイラスト&あとがきマンガ

あと、これも上でちょっと書いていますが尾白と尾黒の
グッズ(ブックカバー、ランチトートバッグ)プレゼントが
またあるようですよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。