スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひさびさに更新 
 
今週のジャンプに掲載の「ぬらりひょんの孫」に痺れたのと
ピスメのドラマ化に驚いたのでひさびさに更新。

「ぬらりひょんの孫」 第83幕
燃える展開すぎてどうしようかと思ってしまった回。
起こるべくして起こった衝突とは言えども、遠野のイタクは
わかるんだけど奴良組からが首無というのは個人的にはまさかの展開で、
しかも二人のやり取りもえらくかっこよくて本当に燃える展開だった。
(あと奴良組で言えば毛倡妓が首無を止めるところもよかったなぁ。)
今回の対立はこれまで主人公サイドでありながらいまいちその魅力が
描ききれていないような印象だった奴良組の面子の掘り下げに
繋がりそうでそういう意味でもすごく楽しみかも。
また、リクオの側近のうち首無をはじめ何人かはリクオパパ時代からの
メンバーであるということがわかったけど、そのリクオパパの後姿と
側近達の図のコマで影になってるキャラが地味に気になるかなぁ…。

あと、納豆小僧と雨造はかわいい(笑)

「PEACE MAKER」
・黒乃奈々絵「新撰組異聞 PEACE MAKER」ドラマ化決定
 http://natalie.mu/comic/news/show/id/23232
いくら歴史ブームだからって正直「何でこれを?」と思ってしまった。
新撰組が題材の漫画なら他にもあるだろうによりによってピスメ…。
アニメに比べて漫画原作のドラマが原作とかけ離れたものになることが
多いことを思うと、好きな作品なだけに実写化はやめてほしかったかも。
しかしホント何でもドラマにすればいいってもんでもないだろうに。

本編の再開が素直にうれしいんだけに今現在微妙な気分…。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。