スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「PSP版学園ヘヴン」クリア後感想 
 
学園ヘヴン BOY'S LOVE SCRAMBLE!学園ヘヴン BOY'S LOVE SCRAMBLE!
(2009/11/26)
Sony PSP


前回の記事で購入前に「プレイする時間がないかも」なんて思ったことを
書いたのですが、いざプレイし始めてみればなんだかんだでがんばってしまい、
さっき各ルート・シーン・CGをコンプ…ということでクリアしました。
ということで、クリア後感想を少し。

(ネタバレを含まない感想)
今回PSP版で何が一番よかったかというとやはりPSPという携帯型のゲーム機で
出たことに尽きるんじゃないかなと思います。しかも、ディスクが2枚には
なってしまっているけど、ちゃんとフルボイスで移植されてるし。
PS2を起動して…というのを「めんどくさっ」なんて感じる私のような人間には
ちょっとした合間に触ることができるってのはホントよかったです。

そしてPSP版の追加要素として松岡、小澤兄弟というアニメのオリジナルキャラの
新規イベントが今回追加されたわけですが、個人的にはわりと無理のない感じで
既存のルートにうまく組み込んであるように感じられたので、それもよかったかな。

あと「追加要素」といえば「画面キャプチャー機能」。
最高300枚まで画面をキャプチャできるのですが、これ最初は
「イヤイヤ…そんなもんそう撮らないでしょ」とか思っていたんですが、
気づけばパシャパシャ撮ってたっていう。
てか、さっきプレイし終わって枚数数えたら120枚ほどあった(笑)

また、いい点ばかりではなんなので残念だった点もあげておくなら、その一番は
既存のキャラに関する新規イベントなどの追加要素がなかった点でしょうか。
各キャラ個別に追加して欲しいとか無理なことは言わないけどお風呂イベントのような
グループ単位のイベントでいいから既存キャラの新たなイベントを見てみたかったと
ちょっと思ってしまうかなぁ。(もしくは、クリア後の追加シナリオでPSP版としての
追加シナリオとか、ね…。)

システム面で残念に思ったのはセーブ・ロード画面を出したとき、必ず一番上に
カーソルが合ってしまうのはちょっと何とかして欲しかった気が…。
(直近でセーブしたポイントにカーソルが合うようにするとかにして欲しかった)
それと、仕方ないとはわかってるけど2ディスクはプレイが進んでシーンやCGの回収を
はじめだすとディスク交換が頻繁になってちょっと面倒に感じることがあった…かな。

とりあえず、これまでPC版・PS2版をプレイ済みの人にはどうしても新鮮味に
欠けるソフトになってしまうのは否めないとは思いますが、新キャラ等の追加要素もあるし
ヘブンが好きなのを再認識できるし、何といっても手軽に遊べるし…てことで
なんだかんだでわりと楽しめるんじゃないかと思います。
てか、「おかわり!」もぜひPSPで出してもらいたい…。

(関連)
・PSP版学園ヘヴン(プロトタイプ内特設ページ)

・「PSP版 学園ヘヴン」はじめました (11/30)

以下、追加キャラについて一言(ネタバレ含む)
(小澤渉・翔)
ツンデレかわいすぎる双子!
アニメではあまり感じなかった双子萌えを今回のPSP版で感じられて
それによって自分内の双子の株がぐんと上がってかなりこの二人のこと
好きになりました。

MVP戦1回戦でパートナーを申し込んだときの指名したほうの反応とか
2回戦中の双子の片方が閉じ込められているのを助けたときの二人の
反応とかかわいすぎてどうしようかと思った。
てか、この2回戦中のイベントを超えたら、最終戦は双子同伴で
臨みたかった気がする。(そして双子EDとかね…。)
しかし、パートナーは「どちらか一人選べ」だったけどこれ選べないだろ…
もう二人でいいじゃんて感じだなぁ(笑)

双子×啓太でも啓太×双子でもいいから啓太にデレッデレで、3人で
キャッキャしているのが見たい気がします。

(松岡迅)
松岡のイベントスチルは絵が…というか松岡がきれいでいいですね。
(でも、EDで流れる横長の集合スチルの松岡の絵(表情?)はちょっとどうかと思うw
あのスチル自体どのキャラもちょっと微妙な気がしないでもないけど…)

あと松岡に関しては比呂哉とのスチルが見たかったかなぁ。

【BL関連】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。