スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キングダムハーツBbS 感想:テラ編 
 
キングダム ハーツ バース バイ スリープ
キングダム ハーツ バース バイ スリープ

KH BBSのテラ編、昨日クリア。(現在はヴェン編に入ってます)
ゲームモード:スタンダードモード
プレイ時間:約26時間
クリア時のレベル:40

以下、全体的感想および各ワールドのミニ感想。
(※一応微妙にネタバレを含むので未プレイの方はご注意を)

●全体的な感想
へたれゲーマーなのでいつも序盤のうちに無駄にちょっとレベルを上げつつ
話を進めるんですが、今回もそれでやってたせいなのか全編を通して
どのボスもわりとすんなり倒せた感じで特に難しいことはなかった感じ。
ただ、唯一最後のテラの体を乗っ取ったマスター・ゼアノート戦だけは
正直ちょっときつかった…(てか、ジジイ早すぎるよジジイ)

ストーリーはこれまでのストーリーとリンクしてるところで「そうだったのか」と
納得したり驚いたりで、テラ編だけでもかなりおもしろかった印象。

主人公であるテラの純粋すぎるゆえに力を求め、またそれ故に闇に
利用されまくりでどう考えてもいっちゃいけない方向へいってる感じは
プレイしててちょっと気の毒というか…かわいそうになってくる感じだったけど、
旅を続けることで大事な事・物を一つずつ確認して変わっていくところはすごくよかった。
で、それをよかったと思っていただけに最後ああなったのがせつない…。

ちなみにテラのあまりにも純真だったり硬かったりする言動には
何度か笑わせられたりもしたけど、一方でその純真具合がかわいく思えてきて
全編通してテラ萌えも半端なかったです(笑)

最後に中の人関連だとテラの声の置鮎さんも置鮎さんにしてはかわいい感じの
声でテラの純粋な感じにとてもあってて、声・演技ともすごくよかったです。
あと、どうでもいいけど父がテラの体をのっとり若返ったら息子の声に
なったのには笑った。(とても正しい声の引継ぎだよなぁw)

●各ワールド ミニ感想
<エンチャンテッド・ドミニオン>
上手く調整してあるであろう(と思っている)ゲームショー用の試遊で
倒せなかったホイールマスターのせいで、プレイ前までは正直このゲームは
最後までやれるのかとむちゃくちゃ心配だったのですが、意外とサックリ
倒せたことで序盤にして何か光が見えたワールド(笑)

<キャッスル・オブ・ドリーム>
冒頭のシンデレラとテラのやり取りに笑った。

シンデレラを護衛しながら進むところ…は過去にミニーでもあったなぁとか
思いつつ当時と同じくシンデレラの動きに気持ちイラッとしつつプレイ(笑)

<ドワーフ・ウッドランド>
ここはとにかく宝3つ(地下水路:2個、中庭:1個)がなかなかみつけられなくて
困ったところ。何度ワールドをぐるぐるしたことか…。

<レイディアント・ガーデン>
ヴェン、アクアとの共闘は戦闘自体はどうってことなかったけど
3人が揃ったというのがうれしかったかも。

ブライグ戦はもうジグバールの人間だったころに会えたってことで
これまた戦闘よりそっちがうれしくてたまらなかったかなぁ(笑)
しかし、外見がかなり若い!
ジグバールの顔の傷をつけたのがテラであったというのはおもしろい展開だった。

<ディズニータウン>
ここも宝が見つけられなくてグルグルした記憶その2。
(ピートの遊技場:2個)
で、ピンボールのところの真ん中部分はどうにか自分で気づけたけど、
結局最後の最上部の右のほうは攻略サイトに頼ってしまったという…。
でも、攻略サイト見ても正直「最上部右」の意味がいまいちわからなくて
ピンボールで最上部を跳ねてるうちに偶然右のほうへ放り出されて
初めて「最上部右」の意味がわかった感じだったかな。
てか、この場所はちょっと鬼すぎるよ…。
まぁ、おかげでピンボールの操作はちょっとうまくなった気が
しないでもないけど(笑)

ミニゲームは「リズミック・アイス」が楽しくて一番好きかなぁ。
でも、曲を知ってる「イッツ・ア・スモールワールド」はわりとうまく
出来るんだけど「デザート★パラダイス」はちょっと難しい…。
あと、「リズミック・アイス」はゲームが始まるときのすごくまじめな
顔でゲームの装置?に乗ってるテラの姿に笑いそうになる(笑)

<オリンポス・コロシアム>
・10連戦
マグネガやマグネスパイラルのおかげでけっこう楽々。
ただ、1回目の挑戦で9戦目(だっけ?)のマンドレイクのコンフュに
かかってしまってタイムオーバーしてしまったので、2回目でクリア。

・ザックス2連戦
ザックス、ハデスに操られたザックスともけっこういい感じに倒せた感じ。
今回FFキャラはザックスだけなのがちょっと残念。

<ディープスペース>
<ネバーランド>
この2つのワールドはわりと印象薄め。
しかし、フック船長はよく出てくんなぁ…。

<デスティニーアイランド>
ここはイベントだけだったけど見所の多いポイントだった印象。
幼いソラとリクのやりとりもよかったけど、一番はテラとリクのキーブレードの
継承(の儀式)に…というか二人の繋がりにすごく驚いた。
しかし、ちっちゃいソラ、リクはホントかわいい(*´д`*)

<旅立ちの地>
マスター・エラクゥス戦。
これまた十分にレベルが上がっていたのかわりとすんなりと倒せた感じ。
最後の師弟のやり取りはせつなかったけどよかった…。

<キーブレード墓場>
最初にも書いたけど最後のテラの体を乗っ取ったゼアノート戦が最後なだけあって
個人的にはテラ編で一番きつい戦いだった。
基本そんな上手くないからケアルガを3つほど入れて臨んだけど、それでも
もろに攻撃くらったりでけっこうカツカツでどうにか勝てた感じかなぁ。

あと、この最後の戦いはテラがゼアノートに体は奪われたけど思念となってまでも
戦いを挑もうとする展開が音楽や演出込みですごく熱くてよかった。
また戦いが終わってテラの鎧が地にひざをつくとこから最後のエンドロールまでの
流れもすごく美しくて、結末としては「ここで終わるのか?」という思いはもちろん
無きにしも非ずだけど、EDとしてはすごくいいEDではあったと思う。

とにかく最後までやって思ったのは3が出たら何らかの補完があると
期待して待ちたい、ということに尽きるかもしれない。
最後の台詞とかせつなすぎるし…(´・ω・`)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。