スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金色のコルダ3(1周目)感想 
 
金色のコルダ3(通常版)

昨日1周目を終了しました。

難易度:普通
EDを見たキャラ:
 如月響也(通常・珠玉):スチル、イベント全て回収済。(ED時親密度:988)
 如月 律(通常・珠玉):スチル回収済。イベント残り1個未回収。(ED時親密度:896)
 八木沢雪広:スチル回収済。イベント残り1個未回収。(ED時親密度:653)
 東金千秋(通常・珠玉):スチル、イベントとも全て回収済。(ED時親密度:507)
 土岐蓮生:スチル、イベント全て回収済。(ED時親密度:459)
 冥加玲士:スチル、イベント全て回収済。(ED時親密度:684)

通常と珠玉を回収するため+最初ファイナルの曲を選択ミスしていたので
ファイナル練習期間だけをもう1回やったから正しくは1.ちょっと回?かな。
しかし、キャラの登場期間が異なるからしょうがないかもだけど、クリアに
必要な親密度の差が激しいですよね…。
(あとスチルの枚数差も激しすぎて少ないキャラがかわいそうになります)

最初は如月兄弟メインで途中までやって、分岐があるところでどちらか一方に
専念しようかと思っていたのですが(制限があるのかと思ってたので)
最後まで股がけができることに途中になって気づき、そこから冥加さんと
何だかえらくかわいい八木沢さんを追加し、セミファイナルが終わった後に
神南の二人もいってみることにした感じ。


以下、感想です。(ネタバレ含む…かも)

※追記(2/28 1:10)



全体的な感想は全キャラ終わったあとにでも機会があれば。
ただ、乙女ゲーとしては糖度が少し足りないような印象を受けたかも。
いろいろ細かいところで思うところはあるけど、けっこう私は楽しんで
やれているほうかもしれないです。

しかし…感想ではないんですが今回の「コルダ」は「イナズマイレブン」とか
「ベイブレード」とかあの手の作品を髣髴とさせる発想だなぁとプレイしながら
何度か思った(笑)
なんというか…作品全体のノリとか天音学園の存在とかがどうもあそこらへんを
思い出させるというか…。
マエストロフィールドとか視覚化&さらには精神攻撃もできるんだから、
アレで「世界征服!」とか言い出すキャラが出てきて、それに対応する主人公サイドが
同じく演奏でバトル…的な内容が頭にパーっと浮かんできましたよ(笑)

てか、脱線過ぎますね…ということでキャラ別感想です。

<如月響也>
今回クリアした6人の中では一番萌えたキャラでした。
響也はほんとーーーにいい幼馴染キャラですね。
しかも、見事なツンデレでプレイしながらニヤニヤできる。
「お、おまえのためにやったんじゃないんだからな!」的な型どおりの
ツンデレ台詞を言っちゃうとか…ホントかわい過ぎる。
ゲーム自体はもちろん親密度0からスタートですが、無自覚に以前から
かなでのこと好きだったんだろうなぁ…というのを言動の端々から
想像できるところが幼馴染としてはベタなんだけどすごくいいです。

響也のイベントは甘いし、かわいいしで蓮生じゃないけど何度か
「キュン死に」しそうになりました(笑)
(しかしこの蓮生の言葉のチョイスには笑わせてもらいましたw)
てか、響也ルートくらいの甘さを他キャラルートにも入れて
欲しかったような気がします。

<如月 律>
プレイ後思ったこと…「薄い」。
印象も薄いけど甘さも薄いですね。
恋愛に鈍いのはいいとして、でももうちょっと落ちていく過程というか
いろいろ反応を見せて欲しかったですね…。
(律に見栄を張って「これからデートがある」といったときの「…デート…」とか
みたいなのをもうちょっといっぱい入れて欲しかったかも)

演奏者としては無理ということは将来的にはかなでの祖父と同じような道に
進むことになったりするのかなぁ
(1個だけイベント回収し損ねているんですがそこで語られてる?)

あと、どうでもいいことですが大会中に腕が「はうっ…!」ってなったり(故障したり)、
そのときの言動とかで某漫画の眼鏡部長が浮かんできました。

追記:
一応ここに攻略目的で来る人はいないかもだけどメモ程度に追記。
珠玉EDを見るためにはファイナルで「威風堂々第1番」を演奏する必要ありです。

<八木沢雪広>
最初からお好きな方には申し訳ないんですけど、公式で立ち絵を見たときは
立ち絵がイマイチに見えたのもあって本気でどうでもいいキャラでした。
で、そんなとこから何で攻略する気になったかというと、これはもうひとえに
八木沢さんの照れ顔に落ちたからです(笑)
もうね…あの笑顔と照れ顔は反則だと思うんだ。かわいすぎる。
なので、恋を自覚し始めてからの戸惑いはかわいかったですね。

あと、個人的にはニアが言ってた「内は激しい男だったりしてな」ってのを
恋愛のほうに発揮して欲しかった気がしないでもないですね。
おっとりしすぎでどうも印象が薄い感じがぬぐえないのが残念です。
まぁ、かなでには会わない…とかいきなり言い出したのはある意味
激しさだったのかもだけど、そういうのじゃない方向でね。
てか、決勝前夜は八木沢さんは電話じゃなくて会いにきたりとかだと
意外性があってよかったんじゃないかと思わないでもない…。

<東金千秋>
恋愛面でも俺様なキャラかと思いきや、好きな子からのアプローチには
(かなでからのキスとか)意外と普通に照れてたりして、その反応が
可愛くみえていっきに好きになりました。
あと、本気になると元の言葉の関西弁になるのもいいかも。
ソロ決勝前夜~ソロ決勝あたりはすごく好きですね。

あと、ソロ決勝は恋愛面意外でも冥加との一騎打ちは熱くてよかったです。
いきなりスチルが中世みたいになったのにはぽかーんとなったけど(笑)
(あれは「騎士みたい」っていう台詞からきてるのかな)
まぁ、あのスチルけっこう好きなんでいいんですけどね。

追記:
恋愛4回目「勝利のおまじない」はソロ決勝前夜までに親密度を上げておかないと、
未発生になってしまってそれ以降が起こらなくなるので注意かも。
東金と蓮生はこの期日制限に引っかかって1回失敗して数日遡ってやり直したのが
時間のロスだった記憶…。

<土岐蓮生>
こんな高校生やだ(笑)
気だるくはんなりとした関西弁で無駄に色気を駄々漏れさせた話し方とか
石川さんの喋り方もあいまって、とても高校生には見えねー。
まぁでも本来なら19歳なので多少高校生ぽくなくてもいいかも!…なんてことは
やっぱないので、できればもう少し高校生ぽさを出す方向で言って欲しかったかも。

しかし、神南の二人はエロっぽさ全開な感じですね。
てか、なんかいろいろな方面を狙って作ってる感がするキャラですね。
温泉行ったときのスチルとか何だアレ(笑)

追記:
蓮生の誕生日の8月21日までに親密度を上げないと恋愛4回目の「誕生日」が
起こらないので注意かも。今回は期間制限がわからないのがマジで痛い…。

<冥加玲士>
こんな高校生もいやだその2…でも、なんでだか妙に惹きつけられる人(笑)
体験版のときにメロメロになったのが見たいと書いたけど、メロメロには
なってくれなかった…(´・ω・`)
正直いきなり「ファムファタル」言われても、「え?」って感じしかなくて
この人も律と同じなんですが、かなでのことを憎みながらも好きになっていく
過程や葛藤を言葉なり態度なりでもうちょっと見せて欲しかったという気がします。

で、それを踏まえた上で、EDをもう少し甘くしてくれたらよかったですね。
てか、特定のキャラだけでなくどのキャラも均等に珠玉と通常の2種のEDを
作って欲しかった気がします。


【金色のコルダ】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。