スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
身代わり伯爵:6/1新刊表紙 
 
待ってました。新刊表紙!
そろそろだろうと思ってここ数日楽しみにしていたんですがようやくきましたね。
やっぱ表紙見ると期待値もテンションも上がるなぁ。

身代わり伯爵の花嫁修業 I 消えた結婚契約書/清家未森
身代わり伯爵の花嫁修業  I 消えた結婚契約書 (角川ビーンズ文庫)

(いつものようにamazonは詳細ページの「拡大ボタン」で別窓+
さらに拡大して見ることができるのでぜひ大きな画像でどうぞ。)

で、この表紙見た瞬間「ミレーユかわええええええええ」と思わず
口走っちゃった訳ですが(笑)、よく見てみると凛とした雰囲気に
心なしか少し大人びた表情がこれまでとはちょっと異なる感じで
こういう雰囲気のミレーユも素敵じゃないかとか思ってみたり。
…てか、この変化はやっぱり前巻までのリヒャルトとのあれやこれやや
婚約の影響ですか?(*´Д`)
(ついでに親じゃないけど親バカ的な感じで言わせてもらえばw
これまでの「かわいい」って感じより気持ち「きれい」な感じで
描いてあるように思えるんですが…)

そして表紙初登場のキリルはやはりリヒャルトと兄弟ということで
似ているように思うのですが、まとう雰囲気は対照的というか
かなり冷たい感じですね。
(てか、亡命した直後はリヒャルトもこんな感じだったんだろうか…)
ミレーユをはさんでリヒャルトとキリルという構図なので、やっぱ
ミレーユをリヒャルトとキリルで取り合うことになるのかなぁ…。
まぁ、「取り合う」というよりはリヒャルトとミレーユの間に入って
ミレーユを揺さぶるような展開なのかもだけど。

しかし…

キリルのカラーのこの絵が予想以上に好みで困る(笑)
ただでさえキリルは元からその設定が嫌いじゃないキャラだったのに
こんなドストライクのビジュアル出されたら、いくらリヒャルトと
ミレーユの間には誰も割って入ることはできないと思っていても
ちょっとキリルを応援したくなっちゃいそうだ…





最後にマメレージ未着問い合わせの件、その後。
…といっても、再々問い合わせしたけどなんやかんやで梨の礫…って
ことくらいしか書くことがない状況…かなぁ。
どうしたらいいのかちょっと本当にわからなくなってきた(´・ω・`)

【身代わり伯爵シリーズ】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。