スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
諸々感想。 
 
ここ数日で買ったDVDと本まとめて感想を
…と、その前に「CCFFⅦ 新型PSP同梱版」予約できた、ヒャッホウ!
amazonなので気は抜けませんが(つか、予約特典の記載ないしね)
e-storeで一般予約が始まることがあればそっちでもがんばりたい所存。

あと、今日は「すばらしきこのせかい」と「DS聴能力」もきた。
まずは「聴能力」から触ってみるかな。
で、前置きはこれくらいにして諸々の簡単な感想。

<DVD関連>
シャニティア、コルダ、鋼鉄が同日発売というので全部見るのも一苦労w

シャイング・ティアーズ・クロス・ウィンド 1巻(初回限定版)
 アニメのEDがあまり好きではないので気が進まないなと思いつつも
 とりあえず様子見で買ってみた初回版の1巻。

 とりあえず映像特典のオーディオコメンタリー聞きながら本編をもう一度。
 オーディコメンタリーが収録されてる3話全部についているのは驚いた。
 声オタとしてはうれしい限り。(まぁ、そのせいでまた最初から3話も
 見なくちゃいけないっていうのはあるんですがね)
 メンバーは保志さん、置鮎さん、斉藤さん。
 保志さんのいつものウルトラ天然ボケっぷりに振り回され気味な
 置鮎さんと斉藤さん、大変そうだw
 保志さん、あいかわず自由すぎるよ。
 最後の最後まで飛ばしっぱなしってどんだけw
 (最後のキャスト紹介で普通なら名前だけ言ってあとの置鮎さん、
 斉藤さんにつなげるところで「保志総一郎でした♪」て言い切るとか
 吹いたよw最後まで気が抜けない男だ、保志さんw)
 
 あと、上に書いたように全話にオーディオコメンタリーが付くのは
 声オタ的にはうれしい限りなのだけど、アニメの話がアレな感じだっただけに
 仕事とはいえ3話分もの時間を付き合わせれる声優さんが
 なんとなく気の毒に思えたり…w

シャイニング・ティアーズ・クロス・ウィンド Vol.1 (初回限定版) シャイニング・ティアーズ・クロス・ウィンド Vol.1 (初回限定版)
保志総一朗; 堀江由衣; 石田彰; 水樹奈々; 置鮎龍太郎; 佐久間紅美 (2007/07/25)
メディアファクトリー

金色のコルダ 7巻(限定版)
 星奏学院際であったアニメのアフレコのコーナーが収録されている
 限定版をゲット。
 学院際は2公演しかみていなかったので、全日分がちゃんと
 収録されててよかったです。
 あと、視点が3つ用意してあるのもよかった。
  1.演者が全員カメラに収まる(カメラ固定)
  2.ステージ全体が収まる(カメラ固定)
  3.演者をカメラが追う感じ
 わかりにくいかもだけど↑な感じで、お好きな視点でどうぞ、な感じ。

金色のコルダ~primo passo~7(完全生産限定版) 金色のコルダ~primo passo~7(完全生産限定版)
吉田玲子、藤岡真紀 他 (2007/07/25)
アニプレックス

<コミックス>
最遊記外伝 3巻 /峰倉かずや
 そろそろ終わりが近くなってきていて色々と危ない状況なので
 (本誌でずっと追ってるにもかかわらず)あらためてまとめて読むと
 色々ぐっとくるシーンの連続でちょっと泣きそうに。
 この先待ってるのが「死」しかないのが分かっているだけに
 いろいろせつないわ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。