スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鋼鉄三国志DVD第2巻 感想  
 
今日3回目の更新ですよ、こんばんは。
いやもう全てリリースラッシュが悪いんだよ。
一昨日はDVD2枚とCD4枚もあって、そのうち何枚かが
感想書きたかったんで珍しく頻繁な更新になってしまったw

まぁ、そんなことはさて置いて、とりあえず今回も本編の
感想は割愛でおまけのオーディオコメンタリーのみの感想です。


●オーディオコメンタリー(第4話)
宮野さん、遊佐さん、斎賀さん、井上さん、生天目さんによる
4話のオーディオコメンタリー。
相変わらずあまり本編に沿った会話はなされていないという
オーディオコメンタリーw
しかしながら、今回もかなり笑える内容でした。

今回は劉備、孔明の水浴びにボーっとなる図に皆さん釘付けだったり
生天目さんの「私のイカの人(イカ王子)」の話や、同じく
4話が初見の孫権@生天目さんのあいうえお作文
(「りょうそう」であいうえお作文)による凌操の死の原因予想
(牛と共にって…何だそれw)
あとは、凌統@斎賀さんの「和彦ーーーーー」などなど…
おもしろいところはあれこれありましたが、今回の一番は
『太史慈弄り!』
これにつきるんじゃないかと思いますw

キャスト皆さんの中での太史慈は、将軍という地位でさえ
あやうい男のようで。
「将軍なのに大部屋の人」という他の六駿といつも同じ部屋で
雑魚寝してることをまず指摘され、将軍なのに家はないのかとw
そして、それを受け諸葛瑾@遊佐さんから「いい加減(自分の家に)
帰ってくださいよー。邪魔なんですよぉ」と言われたり、
ご飯食べる時でさえ鎧を着用ということで「太史慈=臆病なんじゃね?」説も
飛び出す始末w

Aパートの最後あたりでは遊佐さんから「太史慈は必ず見せ場を作れる子」と
褒められ(?)、期待通りにAパートのアイキャッチをアップで飾る太史慈。
(遊佐さんがこの話題あたりでは諸葛瑾は引きばかりと嘆いてましたねw)

そしてBパートの戦闘シーンでは、太史慈が呂蒙と
アイコンタクトを取った後、呂蒙が(自分の武器を捨てw)
タックルで敵を押し倒したその隙に太史慈、攻撃ー!
…のシーンで「いろいろ間違ってる、戦い方がw」
「何だろうこの二人w」と斎賀さんに呂蒙ともども突っ込まれたりも。

なんというか…今回は他の話題もあったんだけど
話題のメインは太史慈が持っていちゃった感があるかもw
つか、太史慈は愛されキャラだなぁ…。

ところでアニメイトの全巻購入特典のCDは宮野さん、
遊佐さん、子安さんなんですね。
1巻のオーディココメンタリーのメンバーだ。
実は石田さんが出ることを期待していたのですが、
このメンバーなら十分おもしろそうだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。