スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンダム00試写会 メモ2 
 
引き続き「00」試写会の話ということで本編について。
(と言っても、たいした感想じゃないですが)

まずOP、ED関連。
OPは雰囲気はいいように感じた。
ラルクの曲とわりとあってるんじゃないかなぁ…。
あと、アイキャッチとEDは出来てなかったのか
アイキャッチはなし、EDは白画面にクレジットのみと言う
感じでした。(ED、あれが完成版…じゃないよね?)

で、本編。
第一話らしくキャラの紹介と導入部と言う感じの内容。
第一話ということで、これだけでは判断はしづらいけど
けっこうおもしろかったですよ。
「期待します」と言える感じではあったと思う。
ちなみに、ハロ(オレンジ色)はロックオンが持っましてた。

あと、一話見た時点でグラハムがかなりツボキャラ。
あのビジュアル好きだ。
あと、あのポニーテールはどうだろうと思いつつ
ビリーが気になるところw


以下は、おぼろげな記憶を頼りに書いた一話あらすじ。
かなり適当…なので一話見て違ってもご容赦を。
(ネタバレ嫌な方はご注意ください)

と、その前に。
上で書いてなかった感想を。

「00」が発表された時からなんとなく設定とか
Wぽいなと思っていたのですが、アバンの最後の方
羽がぶわーっと生えてる機体みたときは「W?」と
思ってしまった…。

パトリック・コーラサワー、登場時から
「俺様はパトリック・コーラサワーだ!」なノリに
笑ったけど、刹那にやられたあとの台詞も笑えた。
俺様なアホの子って感じなのか?w

それでは、あらすじです。
--------------
●アバン
瓦礫の中で銃を持って走る少年、刹那。(幼い容貌)
周りにはたくさんの死体が転がっている。
敵MSに見つかり逃げようと走るが、すぐに追い詰められる。

「この世界に神なんていない」

絶体絶命だと思われた次の瞬間、上空から
1機の機体が舞い降りる。
見上げる刹那。
その機体には大きな光の羽が生えている。

●OP
●Aパート
―AEU。
新型機体の模擬演習の最中にエクシア、襲撃。
新型機体(パイロット:パトリック・コーラサワー)は
観衆の前で刹那にあっけなくやられる。
(観衆の中にはグラハム・エーカーとビリー・カタギリもいる。)
このあとエクシアはAEUの軍施設も襲撃し撤退。
この光景を見てグラハムはこの襲撃の目的は
AEUの軍事力の炙り出しを行うことと
警告を兼ねているのではないかとビリーに言う。
AEU軍、エクシアを追撃。それに対し地上からの射撃で
デュメナスが援護。

―宇宙。
同じころ、人類革新連盟の軌道エレベーター「天柱」で
パーティーが行われている。パーティー客の中には王留美。
そこにデブリ紛れて所属不明の機体が「天柱」を襲撃。
「いよいよはじまるのね」とつぶやく王留美。
傍らには紅龍。

●Bパート
所属不明の機体による襲撃の情報に慌て
パーティー会場をあとにする軍部の人間。
「お逃げになりますか?」と紅龍が問うが
王留美は断る。

キュリオスとヴァーチェが現れ、この危機を救う。
(ヴァーチェは敵機の攻撃が天柱に向けて放たれた
そのときに、天柱の前に立ちはだかるように現れ
キャノンで派手に撃破、でいいとこどりな感じ)

この模様がTVで流され、それを見る沙慈たち。
放送中、このテロを未然に防いだというグループから
メッセージが届けられ流される。

画面にはイオリア・シュヘンベルグ。
イオリアは私設武装組織であるソレスタルビーイングが
ガンダムによる全戦争行為への武力介入を開始する、と
いうメッセージを発する。

放送を見ているマリナ・イスマイール。

ロックオン。
「俺たちはとうとう世界に喧嘩を売っちまった。
わかってるのか?」
刹那、ロックオンの問いかけに振り向く。

●ED
--------------

【声優:イベント】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。